ビューティ情報『夏の睡眠トラブルにご用心!「デジタル時差ボケ」の特徴と快眠のコツ』

2020年8月20日 17:02

夏の睡眠トラブルにご用心!「デジタル時差ボケ」の特徴と快眠のコツ

8月も半ばを過ぎたのに暑苦しい夜が続いています。皆さんは毎晩快眠できていますか?

寝ても疲れが取れない、夜中に目が覚めてしまうなどの症状に悩まされていないでしょうか。

これらの症状に心当たりがあるなら、もしかしたら「デジタル時差ボケ」かもしれません。

いくつ当てはまる?「デジタル時差ボケ」の特徴をチェック
夏の睡眠トラブルにご用心!「デジタル時差ボケ」の特徴と快眠のコツ


Zoff

まずは、眼科医の林田康隆先生が監修したこちらのチェックシートをご確認ください。

当てはまる項目はありましたか?

10項目のうち6個以上チェックがあるあなたは「デジタル時差ボケ」、4個以上チェックが入ったあなたは「デジタル時差ボケ予備軍」です。

この『デジタル時差ボケ』とは、デジタルデバイスの使い過ぎにより、夜間に深い睡眠がとれず、体の疲れが取れない状態。

スマホなどの画面から発せられるブルーライトを長時間浴びることで、睡眠ホルモンといわれるメラトニンの分泌を抑制し、体内時計が狂ってしまう症状です。

夜寝る前やベッドの中でもスマホをいじってしまう方は多いではないでしょうか?

しかし、深夜もブルーライトを浴び続けていると睡眠のリズムが崩れ、体が常に“昼夜逆転状態”に陥る「デジタル時差ボケ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.