ビューティ情報『更年期に起こりやすい動悸の症状と対策。体の不調との上手な付き合い方』

2020年9月1日 18:00

更年期に起こりやすい動悸の症状と対策。体の不調との上手な付き合い方

■更年期になると起きる動悸について

走った後、久しぶりに身体を動かした後、会議前に緊張しているとき、ホラー映画で恐怖を感じたとき……。誰もが「心臓ドキドキ・脈打つ」感覚を感じます。思い出すことができませんか?

これは、心拍が交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされているためです。不安や緊張などを抱えたストレス状態にあるときは、交感神経が活発になり動悸を感じやすく・呼吸は浅くなります。逆にリラックスしているときには、副交感神経が活発になり、動悸はしにくく・呼吸は深くなります。

一方で、何も特別なことがないのに「心臓がドキドキする」「心臓が脈打つ」「胸に違和感がある」と感じる症状を「動悸」といいます。つまり、いつもは意識することのない心臓の拍動に違和感をおぼえたり、強く・早く感じたりする症状です。

場所やシーンも問わず寝ているときに症状が出るケースも……。

■どうして更年期になると動悸が出るようになるの?

更年期で動悸が出る原因としてはっきり分かっているわけではありませんが、原因として考えられているものをご紹介します。

動悸の原因その1.更年期障害などによるホルモンバランスや自律神経系の乱れ

更年期の時期では、卵巣の機能が衰え女性ホルモンの分泌がうまくできなくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.