ビューティ情報『顔を小さくしたいなら「顔下半分」を鍛えよう』

2019年5月31日 11:00

顔を小さくしたいなら「顔下半分」を鍛えよう

パソコンやスマホをしているとき、前傾姿勢・猫背になることが多く、肩コリや首コリに悩む女性が増えています。そうなると体だけでなく、顔までも力んでコリやすくなり、癖がついてしまいます。

これによって、年齢を重ねるとともに表情も硬くなり、顔の上下バランスが崩れてしまう。前回お話した咬筋の発達による顔のコリだけでなく、むくみやたるみ、シワができるのにもつながります。

目次

・顔下半分を小さくしたい?鍛えるべきはこの4パーツ
・【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ1】頬骨の高さ・角度の見え方
・【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ2】口角
・【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ3】フェイスライン
・【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ4】唇
・ケアを続ければ、顔下半分は小さくなる


年齢を重ねるにつれ、加齢現象がもろに出るのが顔下半分なのです。

顔下半分を小さくしたい?鍛えるべきはこの4パーツ

Pexels photo 206563

【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ1】頬骨の高さ・角度の見え方

頬骨が下がって見えると顔は長く見え、たるみが目立つようになります。

さらに、頬骨が横に張って見えると、笑ったときに頬骨が目立ち、顔の横幅を大きく見せてしまうことに。頬がコケて見えるのも肌のたるみ、筋肉の衰えや頬骨の角度の見え方が原因です。

頬骨が小鼻より高い位置にあると、若々しく見えるだけでなく、横顔も美しく見えます。

【顔下半分を小さく。鍛えたいパーツ2】口角

口角が下がると、不機嫌そう、不満そうな表情に見られてしまいます。だんだんと口周りの筋肉も衰え、口元がだらしなく見えたり、ほうれい線が長くなり、老け顔な印象を持たれてしまう可能性も。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.