ビューティ情報『冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法』

2017年12月18日 11:00

冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法

寒い冬は、顔や手足が冷えて全身の血流が悪くなり、顔色が冴えなかったり、疲れているように見えたりと老け顔になりがちです。

肌の乾燥を引き起こしやすい季節でもあるので、肌にツヤがなくなり、シワやたるみにつながりやすいことも、老け顔につながる原因です。

目次

・目元の小ジワは化粧下地でカバーする
・目の下や口元のくすみや影は、筆ペンタイプのコンシーラーでカバーする
・顔色の悪さは、チークとハイライトのダブル使いでカバーする
・フェイスラインのたるみは、暗めのフェイスパウダーでシェーディング


冬の老け顔をメイクの力でカバーするポイントをご紹介します。

Dress12

■目元の小ジワは化粧下地でカバーする

目元の小ジワが気になる場合は、ファンデーションをつける前にカバーしてしまいます。いつも通りの化粧下地をつけて肌を整えたら、パール感のある化粧下地を用意して、目尻から頬骨の高いところまで指でトントンと軽くたたくように乗せます。

パール感のある化粧下地は、光で小ジワを飛ばしてくれる効果がある上に、肌にツヤを与えてくれる効果もあり、一石二鳥。この後にファンデーションをつければ、仕上がりもとてもナチュラル

目元の小ジワには、コンシーラーだと乾燥したり、シワの溝に入り込んで悪目立ちしたりする場合があるため、保湿効果のあるパール入り化粧下地で対応するのが◎。

■目の下や口元のくすみや影は、筆ペンタイプのコンシーラーでカバーする

目の下や口元のくすみや影が気になる場合は、筆ペンタイプのコンシーラーでカバー。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.