ビューティ情報『これさえすればメイクが映える! 「骨格トリートメント」の簡単なやり方』

これさえすればメイクが映える! 「骨格トリートメント」の簡単なやり方

2018年2月13日 12:00
 

メイクをしているとき、「もう少し鼻が高かったら」「フェイスラインがシャープだったらいいのに」なんて思ったことはありませんか?

彫を深く出したいところやシャープに見せたいところには、シェーデングやシャドーを使って暗く影を付けたり、高く見せたいところはハイライトやコンシーラーを使って明るく光を集めたり。骨や筋肉に沿って工夫すると、自分の顔に似合うメイクができます。

一方で、大人女性のメイクはカバーすればするほど、メイクが重たくなって、余計に悩みが増えてしまうことも。まずはメイクの前にひと手間、顔の巡りや筋肉のクセを整えておくことで、肌も明るくハリが出て、メイク映えする立体感のある小顔に近づけますよ。

今回はベースメイクを美しく仕上げる「骨格トリートメント」のやり方をご紹介します。

目次

・メイク前の下準備。骨格トリートメントのやり方
・顔の緊張をほぐす
・フェイスライン
・ほうれい線
・頬骨
・鼻筋と目もとの彫
・額のシワ・たるみ、眉間のシワ
・スキンケアは「上げる」を意識して
・日々、美しさを積み重ねるように生きる
Pexels photo 247287

メイク前の下準備。骨格トリートメントのやり方

トリートメントを行うときは、美容オイルやクリームなど滑りの良い化粧品を使用し、摩擦で肌に負担をかけないように注意してください。

顔の緊張をほぐす

Img 1432


まずは、顔筋の緊張をほぐします。無意識につい力んでしまう頬骨の下にある咬筋を、手をグーにして円を描くようにしてゆっくりほぐしてください。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.