ビューティ情報『脱・乾燥肌! 化粧水の使い方がキモになる「正しい保湿」をおさらい』

脱・乾燥肌! 化粧水の使い方がキモになる「正しい保湿」をおさらい

2018年2月16日 11:00
 

「保湿」はスキンケアのなかで、とても重要なお手入れのひとつ。「保湿なんて基本、もちろん完璧よ」という方もご注意を。実は、DRESS世代の多くは肌が乾燥しているのだとか。

しかも、乾燥の自覚がなく、自己流のお手入れによって悪化させている方も少なくないそう。今回は、皮膚科医の赤池智子先生に「正しい保湿」について教えていただきました。

目次

・美肌の秘訣は肌表面のうるおい
・肌はからだの健康を映す鏡!乾燥でアレルギーの原因になることも
・保湿のカギは、「たっぷりの水分を与えること」と「過剰な皮脂を抑えること」
・化粧水はたっぷりと与えるのが正解
・私の皮膚、薄い?健康的な人はほとんど同じ厚み
・肌タイプ別、正しい保湿のポイント
・「極度乾燥肌タイプ」は保湿のステップ1、水分の保湿を増やしてみる
・「乾燥脂混合肌タイプ」は脂を取るケアをやめてみる
・「普通肌タイプ」は今のお手入れを継続して
・皮膚科医が実際にしている保湿ケアとは……?
Coline hasle 430742

美肌の秘訣は肌表面のうるおい

スキンケアでは、肌の奥深くへのアプローチが大事だと思われがち。しかし、「皮膚にはバリア機能があるので、私たちが日々の基礎化粧品のお手入れでアプローチできるのは実はほぼ表皮のみ。きれいな肌を保つためには、表皮にいかにうるおいを与えるか、そして、いかに保持するかという表皮のコンディションが重要です」と赤池先生。

肌は大きく分けて、表面から表皮、真皮、皮下組織の3層から成ります。表皮は、肌のもっとも外側を覆い、水分の保持や紫外線、細菌などの微生物、その他いろいろな外からの影響を防ぐ非常に重要な役割(バリア機能)を果たします。水分を保持するために、セラミドや天然保湿因子とよばれる成分がこの表皮に存在します。

また表皮の一番奥にある基底細胞がだいたい45日程度のサイクルで生まれ変わり(ターンオーバー)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.