ビューティ情報『洗顔を変えると、肌が変わる。今日は何でどう洗う?【美活手帖#13】』

2018年4月13日 10:00

洗顔を変えると、肌が変わる。今日は何でどう洗う?【美活手帖#13】

※詰替パック85g1800円(税抜)

冬のあいだに溜まった古い角質によるごわつきや、暖かくなるにつれて気になる毛穴。そんなお悩みをきれいに洗い流すなら、この“特別な”洗顔クレンジングにおまかせあれ。

米ぬかと小麦ふすまだけで、ウォータープルーフマスカラまで、するり。
見事なまでの洗浄力の秘密は、米ぬかに含まれる有益微生物のちから。化学的な作用とは異なるその酵素の働きでメイクや皮脂、毛穴汚れを分解して落とすから、肌に優しいうえに洗浄力はなんと一般的な界面活性剤よりも高いんですって。
(さらに、微生物が排水後も残って水や水道管まできれいにし、環境改善につながるというから、すごい!)

それでいて、ビタミンB2やビタミンE、セラミドといった美肌成分を多く含む米ぬかのおかげか、うるおいは残して肌がいちだんと明るくなる洗い上がり。それはもう、やみつきになるなめらかさです。

肌のざらつきが気になるときにはペースト状にして優しくゴマージュ、肌をいたわりたいときにはふんわり泡立てて洗顔、などその日の肌状態にあわせて工夫するのも楽しいもの。

毎日の洗顔にはもちろん、さっぱりとした洗い上がりはべたつきや毛穴汚れが気になるときのスペシャルケアとしても◎。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.