ビューティ情報『ささくれケアにワセリンを。皮膚科医に聞いたシンプルな指先ケア法』

2021年2月4日 12:00

ささくれケアにワセリンを。皮膚科医に聞いたシンプルな指先ケア法

■見落としがちな「爪と指の隙間」の保湿

指先や爪まわりの保湿のために、ハンドクリームでこまめに保湿をしている方は多いでしょう。

もちろん、わたしもそのひとりです。お手洗いへ行った後など、水に触れたら必ず手元を保湿するようにし、ハンドクリーム自体も高保湿なものを厳選してたっぷり使用。しかし、それでも乾燥したりささくれたりしてしまうのは、「爪と指の隙間」にきちんと保湿が行き届いていないからでした。

かかりつけの皮膚科医がこう話していました。

「爪と指の隙間には指と爪をくっつけている『ハイポキニウム(爪下皮)』があります。ハイポキニウムは乾燥に弱いので、こまめな保湿ケアが重要。ここをしっかり保湿しておけば、爪のフチ全体に油分が行き届いてささくれも防げるうえ、細菌などにも強い健康な指先になります」

たしかに、爪の根本の「爪母(そうぼ)」のあたりは意識してよくクリームをすり込むようにしていましたが、指との隙間は完全に盲点でした。後で詳しく調べてみると、ハイポキニウムは保湿を続けると育つことも発覚。この部分の保湿は爪まわりを健康に保つだけでなく、爪を縦長に伸ばし、指を細長くすらりと見せてくれることがわかりました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.