ビューティ情報『つらい更年期障害を漢方・食事でケアする方法【体質チェック表付き】』

2019年3月12日 21:45

つらい更年期障害を漢方・食事でケアする方法【体質チェック表付き】

40歳を過ぎたあたりから現れる更年期障害。ほとんど気にならない程度の方もいるようですが、中には日常生活に支障をきたしてしまうほど重い症状に悩まされる方も。

今回は、そんな辛い女性の悩みに向き合う「わたし漢方株式会社」代表取締役・水沼未雅さんに、「更年期障害における漢方を使ったケア」をテーマにお話を伺いました。

目次

・更年期ケアの基本は「アンチエイジング+体質ケア」
・アンチエイジングには、腎を補う食べ物を
・気になる症状は?あなたの体質をチェック
・Aが一番多かった方
・Bが一番多かった方
・Cが一番多かった方
・Dが一番多かった方
・Eが一番多かった方
・ストレスの溜まりやすい現代人は、気滞と瘀血のケアを
・気滞-イライラ型
・気滞-不安型
・気滞-憂鬱型
・瘀血型


■更年期ケアの基本は「アンチエイジング+体質ケア」

忙しく過ごす現代女性の美と健康を、漢方の力でサポートしている水沼さん。

「更年期になると、ホルモンバランスの乱れからさまざまな不調が出てきます。体力の低下、不眠、残尿感、腰痛などの辛い症状を少しでも緩和していくためには、基本のアンチエイジングケアに加え、体質や症状に合わせたケアをしていくことが大切です」

■アンチエイジングには、腎を補う食べ物を

そもそも、「アンチエイジング」とは何でしょうか?

「アンチエイジングとは、弱まっている生命力を補うこと。漢方の世界では、生命力の源が衰えていることを腎が衰えると言いますが、これによりいろいろな更年期障害が発生するのです。弱った腎を補って元気にしてあげるため、まずは食べ物でアプローチしてあげるのが簡単です」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.