ビューティ情報『トレンド眉で振り返る平成と「令和眉」予想』

2019年4月16日 12:30

トレンド眉で振り返る平成と「令和眉」予想

目次

・1989年~90年代前半 :「極太直線バブル眉」
・1990年代中盤:安室さんが人気に火をつけた「極細眉」
・2000年代前半:あゆ風「淡ブラウンのへの字眉」
・2000年代中盤:目指せエビちゃん!「明るめ上昇眉」
・2010年代前半~:第二次韓流ブーム到来「オルチャン眉」
・2010年代中盤:中村アンさんがお手本!「直線太眉」が再ブーム
・2010年代後半~現在:自眉を活かした「ナチュふさ眉」
・「令和眉」は3D&カラーがポイント
・玉村麻衣子さんプロフィール
Heisei


間もなく「平成」というひとつの時代が終わりを迎えます。この約31年間、時代や文化とともに、メイクやファッションの流行も移り変わってきました。

そこで今回は、美眉アドバイザー・玉村麻衣子が、平成31年間の眉メイクのトレンドについてご紹介します。

※年齢層やお住まいの地域によっても流行ったメイクは異なるかと思いますが、今回はその時代を代表する印象的なメイクをご紹介します。

■1989年~90年代前半 :「極太直線バブル眉」

1 1


1980年後半から好景気を迎えた日本。

この頃人気を集めていたファッションといえば、平野ノラでお馴染みの肩パットが入ったジャケット。

伝説のディスコ「ジュリアナ東京」では、体のラインを強調するセクシーなボディコンに身を包み、お立ち台で“ジュリ扇”を振りながら踊る女性の姿が印象的でした。

そんなバブル期に流行ったヘアは、とさか前髪やワンレン、ソバージュヘア。眉メイクは自眉を最大限に活かした極太で濃さがある直線眉がトレンド。

1 2


太く濃い眉は強さの象徴。まさにこの時代のエネルギッシュな女性を体現するような眉です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.