2014年11月26日 00:00|ウーマンエキサイト

世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

秋冬は空気も乾燥して、肌にとっては過酷なシーズン。肌が乾燥すると、小じわも目立つし、なんだか肌もくすんで見える……。そんな負のスパイラルに陥っていませんか? 本格的な乾燥シーズンの前に、対策はしっかりしておきたいもの。そこで今回は、乾燥肌にぴったりな勇心酒造のエイジングケア(※肌年齢に応じたお手入れのこと)商品「RAIZ repair(ライースリペア)」シリーズを試してみました。

世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

「RAIZ repair」シリーズ。左から「インナーモイスチュアエッセンスNo.11」(¥10,000 税抜/30ml)、「インナーモイスチュアローションNo.11」(¥8,000 税抜/120ml)、「インナーモイスチュアクリームNo.11」(¥8,000 税抜/40g)


お米のパワーで、皮膚の水分保持能を改善!このシリーズの最大の特徴は、“ライスパワーエキスNo.11”という成分がふんだんに配合されていること。実はこれ、世界で唯一「皮膚水分保持能を改善する」効果を持つという認可を受けた成分なんです。

世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

ライスパワーエキスとは、日本に古来から伝わる米の醸造発酵技術と最新の科学技術を融合させて生み出した新しい素材。国産のお米100%を原料にしており、体の機能を健全化する効果があるといわれています。

お米と聞くとなじみ深いし、嬉しいですよね。

使い続けると、肌が変わっていくことを実感!ラインナップは「インナーモイスチュアローションNo.11」(化粧水)、「インナーモイスチュアエッセンスNo.11」(美容液)、「インナーモイスチュアクリームNo.11」(クリーム)の3アイテム。1日2回、朝晩の洗顔後に使う基礎アイテムです。

まずは、ローション(化粧水)から。500円玉程度を手の平にとると、わずかにとろみのあるテクスチャーで、手の平で押し込むようになじませると、どんどん肌に入り込むのを感じます。

世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

ペタッと肌が手に吸い付くようになったら浸透したサイン。この時点で、肌がとってもやわらかくなっているのを実感!

次に、エッセンス(美容液)。
世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

こちらはパール2粒大程度。伸びがよく、スーッとなめらかに肌に入っていきます。

最後は、クリーム。
世界にひとつ!肌の“うるおい保持力”を改善する成分とは

パール粒大をスパチュラで取り、手の温かさでなじませます。肌なじみのよいまろやかな使い心地で、ベタつかないのに、しっとりもっちり。とても心地よい仕上がりです。

使用後、肌にうれしい変化が・・・? >>続きを読む

キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部の更新通知を受けよう!
確認中
キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部の更新通知が届きます!
フォロー中
キレイスタイル 編集部
キレイスタイル 編集部の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.