2015年2月10日 12:00|ウーマンエキサイト

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう

肌のハリやシワ、髪、身のこなしなどから想像した年齢と、実年齢があまりに違ってビックリ…なんていう経験、誰にでもあるのでは? 同じアラフォー女子なのに、20代に負けない若さを保っている人もいれば、早くも老化を感じさせる人もいます。その差はどこから来るのでしょう? 

目次

・見た目の若さは、「卵巣」の若さに比例する!
・卵巣の老化が加速するターニングポイントは、37歳!
・自分の卵巣年齢、体内年齢を知ることがとても大切


見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう

©  taka - Fotolia.com


「それはズバリ『卵巣の働き』 の差です!」と答えてくださったのは、大人の女性の健康に詳しい婦人科医の小山嵩夫先生。見た目の若さと卵巣の関係について、より詳しく伺いました。

小山嵩夫先生 プロフィール
見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう
婦人科医。専門は生殖内分泌学、女性の健康増進。日本のHRT(女性ホルモン補充療法)の第一人者として知られる。1996年、女性の健康管理を目的としたクリニック「小山嵩夫クリニック」を銀座に開業。「NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア」および「一般社団法人 日本サプリメント学会」理事長として、更年期前後から元気に生きるための啓発活動を行っている。著書に『遺伝子を調べて選ぶサプリメント』『女性ホルモンでしなやか美人』(ともに保健同人社)、『40歳であわてない! 50歳で迷わない!もっと知りたい「女性ホルモン」』(角川学芸出版)など。http://koyamatakaoclinic.jp

見た目の若さは、「卵巣」の若さに比例する!

「女性美はもちろんですが、若さを保つのは女性ホルモンに他なりません。これこそ最大の要。生殖に関わる器官だけでなく、皮膚や髪、骨、脳など全身に作用して、女性らしさと同時に健康と若さをキープする役目を担っています。

でも、女性ホルモンはどこから来るか知っていますか? 勝手に湧いてくるわけでもどこかで作られるわけでもなく、卵巣から分泌されるものなんですよ。そう、元締めは卵巣です。卵巣が若くバリバリ働いてくれなければ、女性ホルモンを正しく分泌することはできません」と小山先生。

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう

© koti - Fotolia.com


最近「30代で子宮力が落ちる」などという言葉を耳にしますが、これは正しい言い方ではありません。「子宮力」とは、脳の指令に従って卵巣が女性ホルモンを出し、これよって子宮が妊娠の準備をしたり月経を起こしたりする、一連の動きのことを指しています。若く保つべきは、子宮ではなく卵巣なのです。

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう
閉経する年齢にかなりバラツキがあることからわかるように、卵巣の老化にも個人差があります。卵巣が老化し始めの頃は自覚症状が出ないため、うっかりしていると水面下で老化がどんどん進んでしまうことになります。まずは、あなたの卵巣がどれくらい若いかをセルフチェックしてみましょう。

卵巣の老化が加速するターニングポイントは、37歳!

女性の約9割は45〜55歳までの間に閉経を迎えます。そのため、一般的にこの時期を「更年期(閉経周辺期)」と呼ぶようになりました。それは卵巣の機能が目に見えて衰える時期です。

ただし、更年期になって突然老化するわけではなく、30代から早くも始まっていると考えられています。さて、あなたの卵巣は元気にバリバリ働いていますか?

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう

©  miya227 - Fotolia.com


▼若さのバロメータ「卵巣機能」をセルフチェック!

以下の項目のうち、当てはまる点数を合計してください。さあ、どの程度当てはまりますか?

*程度の目安
◎=確実に当てはまる
○=なんとなく当てはまる
△=ときに当てはまる
×=当てはまらない

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう
【合計点による評価】
0~25点:
卵巣機能は良好です。40歳を過ぎたら年1回は婦人科検診を。
26~50点:
卵巣機能に不安があります。生活習慣を見直してみましょう。
51~65点:
卵巣機能が落ち、更年期の状態です。婦人科の受診をおすすめ。
66~80点:
更年期症状があります。他に何らかの疾病が隠れている可能性があるので、婦人科で相談しましょう。
81~100点:
更年期症状の他に、心身症的な疾病の可能性もあります。長期的な対応が必要です。

40歳前後の女性が、20代のように卵巣が若いということはほとんどありません。卵巣は肌や器官などと同じように、年相応に老けていくんですよ。どちらかと言えば、卵巣は他の器官より早めに老化現象が始まるといってもいいくらいです」

小山先生によれば、卵巣はだいたい次のような段階を経て老化していき、閉経を迎えると考えられているそうです。

●第1段階:31歳頃から、卵子の質が低下し始める。
●第2段階:35歳頃から、活動的な卵胞の数が減少し、妊娠しにくくなる。
●第3段階:41歳頃から、活動的な卵胞が30歳代の10分の1以下になり、妊娠率が著しく低下する。
●第4段階:45〜55歳頃、月経不順になり、やがて閉経する(更年期)。

第2~第3段階にいるアラフォー女子は、更年期のすぐ手前にいます。ルックス的にも肉体的な若さにも影響が出てもおかしくない時期。卵巣の状態が気になり始めたら、そろそろ更年期へ向けての準備を始めましょう。

自分の卵巣年齢、体内年齢を知ることがとても大切

さて、誰にでも訪れる更年期を前にして、アラフォー女子がしておきたいことはなんでしょう? 小山先生が教えてくれます。

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう
「大きなテーマは『健康評価』です。卵巣の老化は自然現象とも取れますが、良くない生活習慣や栄養不良などにより、老化のスピードは確実に速くなります。特に、ストレスや過度なダイエット、体脂肪過多、血液循環の不良、ストレス、喫煙は、卵巣の老化の直接の原因に。

ですから、自分の体にきちんと目を向ける習慣をつけることですね。病気を見つけるためでなく、若さや健康の度合いを把握するためです。体組成計を購入して、体重、体脂肪率、それに筋肉量や水分量、内臓脂肪レベルなどを記録するだけでも大きな進歩。スポーツクラブやエステサロンなどに精密な体組成計があれば、進んで利用するようにしましょう」

見た目の若さは「卵巣」で決まる!卵巣年齢をチェックしよう

© taka - Fotolia.com


そして、アラフォーからは婦人科検診を受けることは必須。小山先生のクリニックのように、さらに抗加齢的な検査を加えたスペシャルなレディースドックやエイジングケアドック(老化度測定検査)を受けられる医療機関も増えているので、上手に利用したいものです。

【ベーシックな婦人科検診(女性検診)の主な内容】

●乳がん検査(マンモグラフィ、乳腺エコー、乳房視触診など)
●子宮がん検査(子宮頸部細胞診、子宮体部細胞診、経腟エコーなど)

【老化度測定検査(エイジングケアドック)のオススメ検査】
加齢マーカー(IGF-1、DHEAS)、AGEリーダー(糖化度測定)、抗ミュラー管ホルモン(AMH)値測定、女性ホルモン値検査、抗酸化ストレス度測定、体組成分析

老化度測定検査のうち、抗ミュラー管ホルモン(AMH)の値は、不妊治療の分野ではずばり「卵巣年齢」と呼ばれている数値。これは卵巣の中にある「卵子のもと」から分泌されるホルモンで、濃度を測定することで卵巣が何歳くらいの状態か推定することができます。専門的に知りたい人は、こういった検査を受けてみるのも手。

実年齢以上に若い卵巣を目指して、そろそろ本気で自分の体と向き合いましょう。
蓮見則子
蓮見則子の更新通知を受けよう!
確認中
蓮見則子
蓮見則子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
蓮見則子
蓮見則子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
蓮見則子
蓮見則子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
蓮見則子
蓮見則子の更新通知が届きます!
フォロー中
蓮見則子
蓮見則子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.