髪にもあった「曲がり角」 夏は特に注意! すぐできる予防と対策とは?

2017年8月8日 17:00
 

[PR]

髪の毛の密度のピークは20歳前後、太さのピークは35歳前後というのを知っていましたか?ピーク以降は密度、太さともに衰え、髪のうねりなども目立ってきて、40歳前後で髪の衰えを感じる人が増えると言われています。特に「紫外線」「汗」「エアコン」と夏の髪と頭皮は三重苦。「髪を洗っていると多くの抜け毛が…」「地肌が目立つようになったかも…」など、思い当たることがあったら、早めの予防と対策が大切です。

© kei907 - Fotolia.com


では、日々どんなことに気をつけてあげるといいのでしょうか。女性の薄毛・抜け毛を中心とした頭髪治療の専門外来を設けているウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)院長の浜中聡子先生に詳しくおうかがいしてきました!

■ウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)院長 浜中聡子先生

医学博士。米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医などの資格を多数取得。女性ホルモンに着目し、心身ともに健康で充実した毎日を過ごすことができるよう、医学的見地からサポート。丁寧な診察と、ライフスタイルまで含めたアドバイスに定評がある。



女性が薄毛になる原因はとても複雑

男性の薄毛と違って、女性の薄毛の原因は様々で「これ」と特定するのは難しいのです。ただ、悩んでいる方に多く見られる背景として、主に、頭皮の血流が低下していること、ホルモンバランスの乱れがあげられます。血流の低下とホルモンバランスの乱れがどうして起こってしまうかは、実に複雑です。女性は初潮、妊娠、出産、更年期、閉経といった女性ホルモンに密接にかかわるライフイベントはもちろん、仕事、家庭内のストレスも大きく影響してきます。そのうえ、生活習慣の乱れ、過度なダイエット、他の病気や薬の副作用、頭皮のトラブルなどいろいろな要因が加わる可能性もあります。

また、30代に入ると、徐々に髪のうねりのような変化が出はじめ、40-50代の更年期前後では、多くの女性が髪の変化を実感します。閉経後はそれがさらに顕著になり、白髪、薄毛が目立つように。60代以降では、加齢の影響がさらに進みますが、悩みが深まる人とそうでない人で、差が広がりやすい時期でもあります。

ウィメンズヘルスクリニック東京の女性頭髪専門外来へ来院する女性の年齢別割合


女性の脱毛症のなかでもっとも多いのは「びまん性脱毛症」で、頭頂部から徐々に薄毛部分が広がり、髪の分け目が透けてみえるようになって、全体的に薄くなっていくのが特徴です。
そのほかFAGA(女性における男性型脱毛症)という、更年期前後の女性ホルモン低下によっておこる脱毛症や、出産や免疫の異常で起こる脱毛症、頭皮のトラブルによっておこる脱毛症などがあります。

夏はここに気をつける! 日常生活でできること

外出のときは、なるべく髪や頭皮を露出しないこと。顔や身体の紫外線対策はしていても、頭皮のことを忘れている人が多いようです。帽子や日傘、日焼け止めスプレーなどで髪と頭皮も紫外線から守りましょう。また、室内では湿度をチェック。エアコンで乾燥しすぎないように、湿度は40-60%をこころがけましょう。

ドライヤーは温度の調節が大事です。頭皮を乾かすことを意識して、冷風をうまく使いながら温度が高くなり過ぎないように注意しましょう。8割程度乾けばOKです。

© nagaets - Fotolia.com



食も細くなる夏は、意識的に栄養価の高いものを選ぶようにすると良いでしょう。理想は抗酸化食材も使用した和定食メニューですが、話題のスーパーフード(低GI値で抗酸化物質の宝庫の「ルクマ」、スクアレンを含む「アマランサス」)などを取り入れるのもおすすめです。

女性の悩みに治療のベストチョイス

前述のような食事、生活習慣に気をつけることはとても大切ですが、それだけでは解決できない症状やお悩みを抱えている人も。そんなときは薄毛、抜け毛に対して、専門的な治療ができるクリニックに相談することもできます。ただ、女性の薄毛、抜け毛の専門クリニックがあることは、まだ一般的にあまり知られているとはいえません。そこで、クリニックではどのようなことが行われているのかご紹介します。

治療の流れ


1.カウンセリング(20~30分程度)…無料
専門スタッフが悩みや希望を聞いて、クリニックでの治療内容や費用の説明などが行われます。
医師の診察に進むかどうかは、その場で決めてそのままお受けいただくことも可能ですし、一度帰宅後に検討して、希望する場合は、次回の予約を取ることも可能です。

2.初診(45分程度)…5,000円(税抜)
医師の診察をお受けいただく前に頭部の写真撮影を行い、治療開始前後の経過状況を多角的に判断するのに用います。
専門医師による診察(問診・視診・触診)で、頭髪や頭皮はもちろんのこと、食、生活習慣や既往歴なども伺い、総合的な診断を行います。同時に患者様が本当に今すぐ治療が必要か否かの判断と、治療が必要な場合はそれに関する方向性、そして今現在、医療でできる範囲をきちんとご説明します。


3.検査(15分程度)…5,000円(税抜)

医師の診察を受け、治療に進まれる方は血圧測定や採血を行い、お薬を服用しても問題ないかどうか肝機能や腎機能などをみて身体の状態を正確に判断します。また、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)、男性ホルモン(テストステロン)、甲状腺ホルモン(FT4、FT3、TSH)も検査し、薄毛・抜け毛の原因となっている他の病気が隠れていないかもきちんと調べます。

4.再診(30分程度)…15,000~30,000円(税抜)

治療開始の意思の再確認と、血液検査の結果をご説明。髪や身体の状態に合わせた薬剤を決定し、30日分の治療薬を処方します。(内服薬/外用薬)

また、少しでも気になる方は、簡単な質問に答えるだけで、浜中先生のアドバイスつきの診断が受けられる「頭髪セルフチェック」で今の状態をチェックすることもできます。

髪の悩みは、女性にとって非常に深刻なトピックですが、なかなか周りに相談できず、ひとりで悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?女性専門の頭髪治療ができるクリニックを利用し、信頼して何でも相談できる専門医を見つけられると心強いですね。

ウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)

女性ホルモンを中心としホルモンバランスに着目した女性医療を提供するクリニック。頭髪の悩みだけでなく、更年期や、美容の悩みなど、女性が加齢とともに感じる幅広い悩みに寄り添う。

PR:ウィメンズヘルスクリニック東京
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.