2018年4月12日 22:00|ウーマンエキサイト

「初めまして」に、その眉毛で大丈夫? 第一印象を決める“ママ眉メイクの掟” 5カ条

ライターチーム123
ライター (ライター集団)
ライターチーム123
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■ママ眉メイクの掟その3:仕上げにオレンジのチークで“あかぬけ眉”に

眉を描き終わったら、最後の仕上げにオレンジのチークをぽんぽんと眉の上に少しのせましょう。すると、パッと華やかな印象に変わり、とたんに明るくイキイキとした表情になるから不思議です。
「初めまして」に、その眉毛で大丈夫? 第一印象を決める“ママ眉メイクの掟” 5カ条

オレンジ系のチークだと茶色系の眉となじみやすい。アイブロウと一緒になったタイプだとより便利


「眉マスカラは浮いて見えがちだから使いこなせない…という人にこそ、オレンジチークを使ったテクニックは試してほしいです。地眉が濃い人ほどやわらかく見せることができるので、オススメです。反対に眉毛が薄い人はのせすぎるとオレンジ色が目立ちすぎてしまうので、注意してくださいね」(森田さん)

■ママ眉メイクの掟その4:目ウロコ! 時短したい人こそ複数アイテムを使いこなすべし

「眉毛を描くにはパウダーやペンシルなど、いろいろなアイテムがありますが、時短を目指すばっかりに1つのアイテムですべてをすませようとする人が意外に多いんです」と森田さん。

眉毛全体の形を作るならパウダー、細かい部分の調整はペンシル…など、ポイント別に適正なアイテムを使い分けるほうが、短時間で美しい眉毛を描くことができるそうです。

<before>
「初めまして」に、その眉毛で大丈夫? 第一印象を決める“ママ眉メイクの掟” 5カ条
<after>
「初めまして」に、その眉毛で大丈夫? 第一印象を決める“ママ眉メイクの掟” 5カ条

■ママ眉メイクの掟その5:やりすぎ・塗りすぎ注意! アイメイクは“足し引き”が重要

今のママ世代には濃いアイメイクが流行った時代に青春を過ごした女性が多く、保護者会や授業参観など気合いを入れがちな場では、アイメイクに力を入れる傾向にあるのだとか。でも、せっかく眉毛を優しい表情に整えても、アイメイクをばっちりして目力がギュギュっと強くなってしまっては、ナンセンス。実は、塗りすぎな場合がほとんどです。

「例えば、まつげをばっちりと仕上げたいのならアイラインは入れない、逆にアイラインをしっかり入れたいのならシャドウはシンプルに…など、アイメイクは、足し算と引き算が必要。それでも、どうしても塗りすぎてしまうという人は、使うアイテムの色をブラックからブラウン系にチェンジしてみましょう。それだけで、ずいぶんやわらかい表情に仕上がりますよ」(森田さん)
「初めまして」に、その眉毛で大丈夫? 第一印象を決める“ママ眉メイクの掟” 5カ条
今までの眉毛で、ママ同士の出会いの場に参加しても大丈夫ですか? 少し見直すだけで、ふんわり優しい表情になれるはずです。新しい出会いが多い春の季節、ぜひ新しい眉メイクにトライしてみてくださいね。

取材・文/aica
モデル/本山 綾
ライターチーム123
ライターチーム123の更新通知を受けよう!
確認中
ライターチーム123
ライターチーム123の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ライターチーム123
ライターチーム123の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ライターチーム123
ライターチーム123をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ライターチーム123
ライターチーム123の更新通知が届きます!
フォロー中
ライターチーム123
ライターチーム123の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.