2019年9月29日 23:00|ウーマンエキサイト

くるぶしの黒ずみが気になる!きれいなくるぶしになるための方法

ついついケアが後回しになりがちな『くるぶし』は、放っておくといつの間にか黒ずんでしまっていることがあります。黒ずんでしまったくるぶしには、どのようなお手入れが効果的でしょうか?黒ずみの原因や、それぞれの原因に合った対処法を紹介します!

くるぶしが黒ずんでしまうのはなぜ?

目次

・くるぶしが黒ずんでしまうのはなぜ?
・黒ずみを自宅で治す方法は?
・きちんと治したい場合はどうすればよい?
・足元もケアしておしゃれを楽しもう
くるぶしの黒ずみが気になる!きれいなくるぶしになるための方法

夏に近づくと、足元を露出する機会が増えますよね。ふと、くるぶしを見てみると黒ずんでいた経験はありませんか?くるぶしの黒ずみの原因をチェックしてみましょう。

摩擦・圧迫が大きな原因


まじまじと見る機会の少ないくるぶしですが、気付かないうちに黒ずんでいるとショックですよね。

くるぶしの黒ずみとなる主な原因は、『摩擦』と『圧迫』の2つです。

『摩擦』は、くるぶしとなかなか結び付かないかもしれませんが、日常生活のさまざまな場面に潜んでいます。

例えば、靴や靴下、デニムやパンツの裾も、素材がじかに肌に触れることで(摩擦が起こることで)、色素沈着による黒ずみを起こします。

『圧迫』による黒ずみは、ヒールを履いたり正座で長時間過ごしたりすることで、血行不良が原因となって引き起こされます。

見た目には同じ黒ずみですが、圧迫の場合には、血行不良によって足元の冷えも引き起こされている可能性もあるのです。

油断した?日焼けによる黒ずみ


摩擦や圧迫以外にも、黒ずみの原因となるのは『日焼け』です。

日焼け止めを塗るときには、「顔や腕はしっかりと塗らないと!」という意識が働くものの、くるぶしや足元はつい「隠れているし塗らなくていいかな」と思ってしまいがちではないでしょうか?

確かに普段の生活の中で1日塗らないくらいでは目立ちません。しかし、紫外線の強い海やキャンプに出かけたり、日焼け止めを塗らずにひと夏を過ごしてしまったりしては、がんこな黒ずみの原因となってしまいます。

黒ずみを自宅で治す方法は?

くるぶしの黒ずみが気になる!きれいなくるぶしになるための方法

くるぶしの黒ずみには、どのようなお手入れが効果的でしょうか?自宅で簡単に行える黒ずみのケア方法をチェックしていきましょう。

ピーリングで優しく角質ケア


靴やデニムの『摩擦』による色素沈着が原因の黒ずみには、『ピーリング』を使ったケアがおすすめです。

ニキビなどにも効果的なピーリングは、古くなった角質を除去する効果が期待できます。気になる部分に塗布して、黒ずみを和らげていきましょう。

また、ピーリングを使用するときのポイントは『力をかけずに、優しく行うこと』です。強い力で擦ってしまうと肌荒れや乾燥につながるため、注意しましょう。

マッサージで老廃物を流す


正座やストッキングなど、足元を圧迫することで黒ずんでしまった場合には、くるぶしを重点的に『マッサージ』してみましょう。

特別なアイテムは必要ありません。左右の手を使って、雑巾を絞るようにくるぶしをねじってみたり、親指や関節を使ってくぼみをゴリゴリと押し上げたりして老廃物を流します。

圧迫による血行不良は、しっかりと揉みほぐすことで血液が細部まで行き届き、黒ずみや冷えが緩和されますよ。

しっかりとした保湿もポイント


黒ずみの原因によってさまざまな対処法があるくるぶしのケアですが、合わせて『保湿』を行いましょう。

くるぶしに保湿が効果的な理由は、2つあります。まず、くるぶしは体の中でも皮脂腺が少ないため、特に乾燥しやすい部位です。

乾燥すると角質がたまりやすいため、黒ずみが改善された後でも、あっという間にまた黒ずんでしまう場合もあります。

また、くるぶしはうるおいを蓄える力も弱いため、保湿をしないとすぐに透明感を失ってしまう場所です。黒ずみはなかったとしても、水分を小まめに与えないとカサカサした印象になってしまいます。

きれいなくるぶしを保つためにも、保湿クリームをひと塗りすることを心がけましょう。

きちんと治したい場合はどうすればよい?

くるぶしの黒ずみが気になる!きれいなくるぶしになるための方法

くるぶしは1度黒ずんでしまうと、なかなか簡単に取りのぞけるものではありません。色濃く黒ずんでしまっていたり、ケアをしてもあまり改善が見られたりしない場合には、どのようなお手入れが効果的でしょうか?

サポーター・靴下でくるぶしを保護


どんなに気を付けていても、育児や仕事内容によってはくるぶしを床に付ける時間がどうしても長くなるものです。

そのような場合、何度お手入れをしようともあっという間にくるぶしは黒ずんでしまいます。

繰り返す黒ずみには、『サポーター』を着けて予防しましょう。サポーターの代わりに、くるぶしまですっぽり隠れる『靴下』もおすすめですよ。

床やパンツなどの素材をくるぶしに直接触れないようにすることで、黒ずみを防いでくれます。

皮膚科を受診する


ケアしてもなかなか改善が見られない場合や、黒ずんでしまったくるぶしを1日でも早くきれいにしたいときは、皮膚科の受診がおすすめです。

自分ではいろいろと試しているつもりでも、原因がほかにも隠れているのかもしれません。

また、市販のボディークリームでは改善が見られなかった場合にも、病院で処方された薬を使うことでより効果的なお手入れができるでしょう。

足元もケアしておしゃれを楽しもう

くるぶしの黒ずみが気になる!きれいなくるぶしになるための方法

どんなにおしゃれに着飾っても、パンツやスカートの裾からのぞかせる足元が荒れていては、気分が下がってしまいますよね。

くるぶしの黒ずみは、日常生活の『摩擦』や『圧迫』が原因となって起こります。つい後回しになりがちなくるぶしですが、手持ちのクリームやマッサージで黒ずみを防ぐことができますよ。

日々の簡単なケアを心がけて、きれいなくるぶしを保ちましょう!

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.