ビューティ情報『RMK“素肌感”UVフェイスプロテクター、スキンケア発想UV or 血色感&立体感UPパール入りUV』

2020年12月19日 12:10

RMK“素肌感”UVフェイスプロテクター、スキンケア発想UV or 血色感&立体感UPパール入りUV

RMK“素肌感”UVフェイスプロテクター、スキンケア発想UV or 血色感&立体感UPパール入りUV

RMK(アールエムケー)から2つのUVフェイスプロテクターが登場。2021年3月1日(月)より「RMK UVフェイスプロテクター アドバンスド/ルーセント」が新発売となる。

RMK“素肌になりすます”新UVクリーム
RMKの新作は“素肌感”を残したまま、紫外線から肌を守る、2つのUVフェイスプロテクターだ。UVカット材と保湿成分を水分で抱え込ませた、ウォータースキンUVカットテクノロジーを採用することで、触れた瞬間から肌になじむ快適なつけ心地を叶えている。

白浮き知らずの“素肌感”仕上げ
また、日やけ止め特有の“白浮き”も軽減。透明度の高い、独自開発の高機能パウダーを配合することで、肌本来の色をクリアに保ったまま、つややかな美しい素肌へと導いてくれる。ラインナップは、好みの仕上がりや用途に合わせて選べる2種類。

RMK最高峰UVカット力の“スキンケア発想”UV
「RMK UVフェイスプロテクター アドバンスド」は、“スキンケア発想”の日やけ止めだ。RMK最高峰のSPF50+ PA++++のUVカット力でしっかりと紫外線ダメージから肌を保護してくれるのに、美容クリームのような保湿力も実現。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.