ビューティ情報『グタール「ル タン デ レーヴ」“香水の発祥地”グラース着想、心ときほぐすオレンジブロッサムの香り』

2021年6月13日 13:55

グタール「ル タン デ レーヴ」“香水の発祥地”グラース着想、心ときほぐすオレンジブロッサムの香り

グタール「ル タン デ レーヴ」“香水の発祥地”グラース着想、心ときほぐすオレンジブロッサムの香り

グタール(Goutal)のフレグランス「ル タン デ レーヴ」から30mLボトルが数量限定で登場。

“香水の発祥”南仏グラースをイメージ
グタールの「ル タン デ レーヴ」は、メゾンのルーツである南フランス・グラースにオマージュを捧げたフレグランスだ。グラースは、創業者アニック・グタールが香水づくりを学んだメゾンにとって思い入れのある地で、地中海の太陽が降り注ぐ開放的な空間と人々の優雅で甘美な暮らしが印象的な街だ。“オレンジの木と香水の発祥”としても知られる。

心をときほぐす優しいオレンジブロッサムの香り
「ル タン デ レーヴ」は、そんなグラースの陽気さを明るいオレンジブロッサムで表現。爽やかでありながらどこかノスタルジック、そんなオレンジブロッサムの様々な一面を体感できる「ル タン デ レーヴ」は、心をときほぐす優しい香りとなっている。

今回は、このグタールを象徴する香りの一つである「ル タン デ レーヴ」を使いやすい30mLサイズボトルにして数量限定で発売。ホワイトラベルとクリアなボトルを組み合わせた、爽やかなボトルデザインも印象的だ。

【詳細】
グタール「ル タン デ レーヴ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.