ビューティ情報『インフルエンザ治療薬に革命!1錠で効くゾフルーザとは?』

2018年11月1日 11:00

インフルエンザ治療薬に革命!1錠で効くゾフルーザとは?

インフルエンザ治療薬に革命!1錠で効くゾフルーザとは?


「今年は9月から全国の学校でインフルエンザによる学級閉鎖が報告されています。これは過去最悪の感染者数の昨年と同じ傾向。今年の冬も大流行が懸念されます」

こう話すのは、感染症にくわしい池袋大谷クリニックの大谷義夫先生。インフルエンザが猛威をふるった昨年の冬を思い出してほしい。罹患して、つらい思いをした人も多いのではないだろうか。

「今年は現在までA型だけが報告されていますが、昨年のように再びA・B型がいっしょに大流行する可能性も否定できません」(大谷先生・以下同)

じつはこの冬、そんなインフルエンザの常識が劇的に変わろうとしているのはご存じだろうか。

■画期的新薬誕生!

昨年度の抗インフル薬のシェアはイナビルとタミフルで約8割を占める。

「私のクリニックでは1回の吸入で効くイナビルを第一候補、吸入式薬が苦手という人には飲み薬のタミフルという順で処方していました。ただ吸入式薬は成分をすべて吸入できたかが不確実。飲み薬は1日2錠を5日間続けなければいけないのですが、熱が下がったところでやめてしまう患者さんもいて、治りきらずに周囲に感染させるリスクがありました」

そこに今年3月、まったく新しい抗インフル薬・ゾフルーザが誕生したのだ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.