ビューティ情報『血行促進、腰痛ケアで健康寿命UP!「寝返りゴロゴロ体操」とは』

2019年1月21日 06:00

血行促進、腰痛ケアで健康寿命UP!「寝返りゴロゴロ体操」とは

血行促進、腰痛ケアで健康寿命UP!「寝返りゴロゴロ体操」とは


人生100年時代、最後まで元気にいられる秘訣は、背骨の骨をつなぐ椎間板にあった!朝起きたあと、夜寝る前に10~15回ほど、誰でも手軽にできて効果的な体操を教えます!

日本人の3人に1人は慢性的な腰痛持ちであり、全人口の80%の人が、1度は腰に痛みを感じたことがあるという。プロ野球選手など数々の世界的アスリートや、十朱幸代さん、中山美穂さんをはじめとした女優、著名人を施術してきた「さかいクリニックグループ」院長の酒井慎太郎先生はこう語る。

「腰痛は、いちばん早く訪れる日本人の生活習慣病であり、国民病ではないかと思います。だいたい30~50代で発症し、最近では小学生の患者さんもいらっしゃいます」

その酒井先生が『100歳まで歩くには、椎間板をゆるめるしかない!』(幻冬舎)を出版した。「椎間板」とは、背骨の骨(椎骨)と骨の間にあるクッションのようなもの。血管や神経が通っておらず、鍛えることもできないため、故障すると再生しづらい部分だという。

そしてこの椎間板は、年を重ねるごとにすり減っていく“デリケートな消耗品”なのだそう。加齢に加えて両親などからの遺伝的要素、さらには悪い姿勢をとり続けていると、加速度的にその摩耗が進んでいき、自分の体を支えることができなくなってしまうという。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.