ビューティ情報『ポイントは「おでこ」と「舌」、顔のたるみ取るリフトアップ法』

2019年1月23日 16:00

ポイントは「おでこ」と「舌」、顔のたるみ取るリフトアップ法

ポイントは「おでこ」と「舌」、顔のたるみ取るリフトアップ法


「写真に写る自分の顔から目をそむけていませんか?“思っていた自分”と違ってがっかりしてしまうのは、筋肉が縮こまることで、骨格が下に引っ張られ、ゆがみが生じてきているから。人は本能的に左右対称の顔に好感をもつものです」

そう語るのは国内のみならず、海外のスーパーモデル、あのケイト・モスさえもトリコにしたゴッドハンドの持ち主、アンチエイジングデザイナーで「Amazing beauty」代表の村木宏衣さん。

「筋肉は適度に、そして均等に使っていないと、年々かたく縮こまっていきます。すると、骨までがそれに引っ張られ、骨格にゆがみが生じるんですね。また、筋肉が硬直すると血液やリンパを押し流すポンプ機能も衰えるので、たまった老廃物によってむくんだり、皮膚がたるんだり――いわゆる“劣化”となって表れるのです」

“老け見え”のポイントとなるのは、顔の中心部のたるみだという。おでこ→まぶた→鼻下と順に垂れてくることで、表情がだらんと間延びして見えるのだ。そこで、村木さんがマイナス5歳は余裕で若見えの「顔のたるみ決別マッサージ」を伝授!

■おでこグルグル

おでこには、前頭筋や皺眉筋(しゅうびきん)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.