ビューティ情報『筋肉を失うと脳の細胞も減少――階段を下りて、脳の老化を防ぐ』

2019年6月12日 16:00

筋肉を失うと脳の細胞も減少――階段を下りて、脳の老化を防ぐ

筋肉を失うと脳の細胞も減少――階段を下りて、脳の老化を防ぐ


「山の事故の9割は下山中に起こっています。高齢者が階段でけがをするのも9割が階段を下りるときです。これは、下りるときに使う筋肉が衰えて、つまずいたり転んだりしてけがにつながっているからです」

こう話すのは、加齢医療の第一人者である白澤卓二先生だ。

「私たちの筋肉には大きく分けて『速筋』と『遅筋』の2種類があります。『速筋』は、短距離走など瞬発力を必要とするときに使われる筋肉で、階段を下りたり、急に止まるときなどの“ブレーキ”の役割をします。もうひとつの『遅筋』は持久力に優れていて、長距離を歩いたり走ったりするときに使われるほか、階段や坂を上がるときにも活躍する筋肉です」(白澤先生・以下同)

ところが、人間の筋肉量は35歳くらいでピークを迎え、その後は衰える一方。しかも衰えやすいのは速筋のほうなのだという。速筋は、足を踏み外してもちゃんと着地して体を支えるといった、守る力を発揮してくれる筋肉なので、最近転びやすくなったという人は、速筋が鈍っているのかもしれない。

速筋の衰えがもたらす影響はそれだけではない。速筋の量は脳の若さにも関係するというのだ。

「足と脳は深く連動しており、足が刺激されると脳神経が発達することがわかっています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.