ビューティ情報『「肺炎」から身を守るには「気道クリアランスが重要」と医師』

2019年12月18日 06:00

「肺炎」から身を守るには「気道クリアランスが重要」と医師

「肺炎」から身を守るには「気道クリアランスが重要」と医師


いよいよ冬本番。今年も風邪などの感染症に注意が必要なシーズンが到来したが、中高年がとくに気をつけたいのが「肺炎」だ。

「一般的に肺炎といえば、肺炎球菌をはじめとする細菌に感染して起こる『細菌性肺炎』を指しますが、“肺の炎症”全般としてとらえれば、ほかにもさまざまな疾患が。なかでも『非結核性抗酸菌症(肺MAC症)』や『過敏性肺炎』は、日々の生活の中にも、原因が潜んでいるので要注意です」

そう語るのは、『肺炎がいやなら、ご飯に卵をかけなさい』(飛鳥新社)の著者で、これまで30年以上呼吸器の診療にあたってきた日赤医療センターの生島壮一郎先生。とくに増加傾向にあり中年女性に多いものとして生島先生が警鐘を鳴らすのが「非結核性抗酸菌症」。

「あまり耳慣れない病気ですが、結核菌と同じ『抗酸菌』に感染して肺に病巣ができる病気のことで、抗酸菌の中でも『MAC』という菌群に感染して起こるものを肺MAC症といいます」

菌自体は土や水回りなど身近な場所に生息しているが、気管支や肺の防御能が弱った場合に生じる。

「明確な科学的根拠はありませんが、男性より体が小さくて痰を吐き出す力が弱いこと、さらに、水仕事の機会が多いことも、中高年の女性に多い原因の1つではないかといわれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.