ビューティ情報『効果が科学的に立証「ヒハツ味噌汁」で体を内側から温める』

2020年3月13日 11:00

効果が科学的に立証「ヒハツ味噌汁」で体を内側から温める

効果が科学的に立証「ヒハツ味噌汁」で体を内側から温める


2月25日に女性自身から刊行されたムック「女性自身介護スペシャル『老親と10年後のあなたの要介護度をゼロにするぴんぴん習慣100』」(光文社)。瀬戸内寂聴さんのお言葉集、美輪明宏さん、柴田理恵さんのインタビューなどの企画が目白押し。さらに、温泉、バスツアー、長寿のインテリアなど、使える実用企画も充実しています。

また、6章に渡って展開される納得の健康習慣も読みごたえ十分のボリュームです。その健康習慣の中から厳選した“マル秘ワザ”を紹介。ぜひ、日々の生活の中で実践して、その効果を実体験してはいかがでしょう?

■内臓を温める「ヒハツ味噌汁」

冷えの改善に重要なのは内臓を温めること。そのために最適な食品はずばりヒハツ。

ヒハツは紀元前から薬や香辛料として流通していたコショウ科のスパイス。金沢大学で行われた実験により、体温を上げることが科学的に立証された食材。ロングペッパーや島こしょうという別名があり、こしょうのような辛味とシナモンのような香りを併せ持つ。

しょうがや唐辛子も体を温めることで有名だが、ヒハツは調理不要で手軽に使え、刺激が少ないのでおなかが弱い人でも取り入れやすい。

さまざまな料理と合わせやすいヒハツだが、ここでオススメしたいのが「ヒハツ味噌汁」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.