ビューティ情報『女性特有の疾患に「大豆×卵黄が良い」と栄養学博士』

2020年8月19日 11:00

女性特有の疾患に「大豆×卵黄が良い」と栄養学博士

女性特有の疾患に「大豆×卵黄が良い」と栄養学博士


「がん予防の第一歩は、やはり食生活。体内にがん細胞を発生させない食事を日常的に心がけることが大事です。さらに、食材同士の組み合わせによってはその効果を何倍にも高めることができます」

そう話すのは、栄養学博士の白鳥早奈英さん。’82年、日本ではじめて「食べ合わせ」という概念を提唱したのが白鳥さんだ。「食べ合わせ」とは、「複数の食材の組み合わせにより効果・効能が生じること」をさす。たとえばピーマンと油は好相性で、油で炒めることでピーマンに含まれるカロテンの量はじつに5倍にもなる。

アメリカの国立がん研究所がまとめた、「デザイナーフーズ・ピラミッド」のトップに君臨するにんにくをはじめ、ブロッコリーやしいたけ、緑茶など、がん予防効果のある食材と、その成分を高める食材の食べ合わせをまとめた一例が次のとおりだ。

【にんにく】効果を高める食べ合わせ:豚肉、玄米

にんにくに含まれるアリシンが、豚肉や玄米に含まれるビタミンB1の吸収をよくする。それにより免疫力をアップさせる成分の働きを高めることができる。

【大豆】効果を高める食べ合わせ:麹、卵黄

大豆イソフラボンには乳がん予防効果があり、麹もがん予防効果が期待できる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.