ビューティ情報『「ヨーグルトなら何でも大腸にいいはNG」と医学博士』

2020年11月25日 11:00

「ヨーグルトなら何でも大腸にいいはNG」と医学博士

「ヨーグルトなら何でも大腸にいいはNG」と医学博士


「何日も排便がない状態や、便通があったのにまだ残便感がある、などの異変は大腸がダメージを受けている証拠。これは“大腸劣化”のわかりやすいサインです」

帝京平成大学の松井輝明教授はそう警鐘を鳴らす。便秘などによって腸内の悪玉菌が増加した状態を放置していると、腸内環境、特に大腸の劣化が進むという。大腸劣化は肌トラブルや肥満、さらには大腸がんや認知症などさまざまな病気のリスク要因になるというから注意が必要だ。

「私たちは体内で発生した有害な物質の70%を便として大腸から排泄しています。その排出が滞ると、有害物質がたまって腐敗が進み、悪玉菌がはびこります。そこから発生する毒ガスが大腸を徐々に劣化させ、劣化が進むと全身のトラブルにつながるのです」(松井先生・以下同)

大腸劣化を食い止めるためのキーワードが、近年注目を浴びている「短鎖脂肪酸」だ。これは、腸内の「善玉菌」が「食物繊維」をエサにすることで産生し、不足すると、大腸劣化を招く要因となってしまう。

「短鎖脂肪酸を体内で産生させるために大切なものの一つは食物繊維です。食物繊維のうち、海藻類や大豆・納豆などに含まれる『水溶性食物繊維』が腸内の善玉菌のエサになります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.