ビューティ情報『医師証言!本当に苦しむ病気 食道がん切除の場合は腸で代用し…』

2020年12月30日 11:00

医師証言!本当に苦しむ病気 食道がん切除の場合は腸で代用し…

医師証言!本当に苦しむ病気 食道がん切除の場合は腸で代用し…


「呼吸器系の病気を選ぶ医師が多いという印象を受けました。たばこが原因となることも多く、喫煙者は要注意です」

常磐病院(福島県)の乳腺外科医・尾崎章彦さんが感想を述べるのは、医師33人を対象に行った“本当に苦しむ病気”アンケートの集計結果についてだ。ナビタスクリニック(東京都)の内科医・久住英二さんはこう見ている。

「予防や治療が困難な病気もありますが、生活習慣の改善や健診でリスクを減らすことができるものもあります。ぜひ健康に留意する機会にしてほしいです」

そんな「本当に苦しむ病気」について、久住さん、尾崎さん、そして小泉小児科医院院長の釜萢敏さんに解説してもらった。

■食道がん

胸部・腹部・頸部の3カ所を一度に手術する食道がんの治療は難易度が高く、肺炎・縫合不全などの合併症も多いとされる。実際に治療を行う医師からは「痛みに苦しむ人がとても多かった」とのコメントが。

「アルコール度数の高いお酒を飲み続ける人や、ヘビースモーカーの高齢者に多い病気です。食道を切除する場合、切除した腸で代用することになります。手術後、体力が落ちて、入退院を繰り返す人も少なくありません」(久住さん)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.