ビューティ情報『“寒い日の腰痛”には鍼灸師がおすすめする「うつぶせ足上げ」』

2021年2月25日 11:00

“寒い日の腰痛”には鍼灸師がおすすめする「うつぶせ足上げ」

だ。

【うつぶせ足上げ】1回1分

(1)うつぶせになって、足を伸ばす。両手を軽く重ねて、あごを乗せる。
(2)つま先とひざをまっすぐに伸ばしたまま、片方の足をできる範囲で上げ、その状態を10秒間キープ。お尻と太ももの境目の筋肉に力が入っていることを意識する。
(3)10秒経過したら足をゆっくり下ろし、反対側の足も同様に上げ、10秒間キープ。
(4)10秒経過したら足をゆっくり下ろし、両足をくっつけた状態でお尻に力を入れて10秒間キープ。(1)〜(4)を2回繰り返して1セット。
※痛みなどがある場合は無理をしないようにしましょう。

「この体操のいいところは、お尻の筋肉だけでなく、脊柱起立筋も同時に鍛えられるところ。また、人によってお尻の筋肉には左右差がありますので、いざやってみると、上がりやすい足とそうでない足があるはずです。繰り返していくことで、両足を同じ高さまで上げられるようになるでしょう」

1回1分でできて、効果も実感しやすいので、スキマ時間に実践してみよう。コロナ禍と寒さが拍車をかけた腰の悩み。うつぶせ足上げで改善に努めよう!

「女性自身」2021年3月9日号 掲載

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.