ビューティ情報『排便時の腹痛や便秘の原因“ねじれ腸”は、ラジオ体操で改善!』

2021年9月13日 15:50

排便時の腹痛や便秘の原因“ねじれ腸”は、ラジオ体操で改善!

便秘がちの人のほうが寿命が短くなるといったデータもありますし、腸閉塞の原因になることもあります。便秘だけでは大腸ポリープや大腸がんになりやすい、ということはありませんが、週2回以上下剤を使っている人は、大腸がんの発症率が3倍になるという報告があります。『ねじれ腸』や『落下腸』の人は放っておかないで、便秘を改善させたほうがいいでしょう」

そこで、水上先生が勧める体操はラジオ体操第1の「上体ひねり」と、「腸の押し上げ」の2つ。

【上体ひねり】横行結腸から下行結腸の曲がり角をゆるめる

(1)足を開いて立ち両手を広げる

足を肩幅よりやや広めに開き、ぐらつかない姿勢を取り、両手を左右に大きく広げる。

(2)上体を左右に大きくひねる

腕の力を抜き、ブーン、ブーンと左右に大きく回しながら、上体を大きくひねる。ひねるときに息を吐くのがコツ。

これを1分間続ける。

【腸の押し上げ】骨盤内に落ち込む大腸を持ち上げてゆらす

(1)あおむけに寝てひざを立てる

あおむけに寝て、足を腰幅程度に開き、ひざをそろえて軽く立てる。布団の上でリラックスして行うと腹筋がゆるみ、腸に刺激が届きやすくなる。

(2)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.