ビューティ情報『「ピーナッツ習慣で脳梗塞リスク2割減」国立がん研究センターが報告』

2021年10月13日 06:00

「ピーナッツ習慣で脳梗塞リスク2割減」国立がん研究センターが報告

「ピーナッツ習慣で脳梗塞リスク2割減」国立がん研究センターが報告


おやつ、おつまみの定番としておなじみのピーナッツ。食べるときは薄皮はむかないで!そこに、女性にとってうれしいアンチエイジングの効果がたくさんあるのですーー。

《ピーナッツを食べると、脳梗塞の発症リスクが20%下がった》

先月、国立がん研究センターなどの研究チームが、45〜74歳の約7万5,000人を約17年間にわたって追跡した調査の結果を発表した。それによると、ピーナッツを毎日4.3グラム食べていた人は、食べていない人に比べて、脳疾患と心疾患の発症リスクが低くなっていたという。

「アメリカのハーバード大学が30年かけて12万人以上を対象にした研究でも、ピーナッツを毎日食べることで生活習慣病などによる死亡リスクが20%低下することがすでに報告されています。これまで日本ではピーナッツに関して大規模な追跡調査が行われていませんでしたが、今回発表された研究では、脳・心臓の血管疾患を持っていない人を大規模で追跡したことも含めて、非常に精度の高い成果が出ました」

そう語るのは、ピーナッツが持つ健康効果に詳しい、慶應義塾大学医学部の井上浩義教授。

この大規模調査で、毎日摂取していたピーナッツの量は4.3グラム。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.