ビューティ情報『PMSの症状がある女性の約6割が「対処法を知らない」婦人科を受診する女性は1割以下』

2021年10月8日 11:00

PMSの症状がある女性の約6割が「対処法を知らない」婦人科を受診する女性は1割以下

PMSの症状がある女性の約6割が「対処法を知らない」婦人科を受診する女性は1割以下
株式会社ツムラは、10代〜40代女性を対象に、PMS(月経前症候群)に関する調査を実施。
その結果、PMSの症状があり心身が疲れ果てた女性が約6割おり、そのうち仕事や家事、学校を「休むことはできない」と我慢し、婦人科を受診しない女性が約9割であることが判明した。

10代〜40代の女性の2人に1人は、「生理前」に不調を感じている
PMSの症状がある女性の約6割が「対処法を知らない」婦人科を受診する女性は1割以下
10代〜40代の男女5,000人を対象に、どんなときに体の不調を感じるかと聞くと、女性は「寝不足の時」(60.4%)、「ストレスやプレッシャーを感じる時」(52.9%)、「生理前」(48.3%)、「天候が変化する時」(40.7%)など、日常生活のさまざまなシーンで不調を感じていることがわかった。

また、女性の半数(48.3%)が「生理前」に不調を感じ、4割(40.7%)は台風などによる低気圧、雨、梅雨時期、季節の変わり目などの「天候が変化」する際にも不調を感じてることも判明している。

PMSと仕事や学校、休みたくても休めないのが職場・学校のリアル
PMSの症状がある女性の約6割が「対処法を知らない」婦人科を受診する女性は1割以下
PMSで学校や仕事を休んだ経験を聞くと、「休んだことがある」のは17.6%と少数派で、8割(82.4%)がPMSで休んだことはなく、半数が「休んだことはないが、本当は休みたかった」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.