ビューティ情報『7歳老けて見えるCゾーンのシミ、できる前からのケアが重要』

2019年3月14日 11:00

7歳老けて見えるCゾーンのシミ、できる前からのケアが重要

7歳老けて見えるCゾーンのシミ、できる前からのケアが重要
Cゾーンのシミに悩んでいるのに、Cゾーンの認知度が低いDHC「Cゾーン」PR事務局では、 20代〜60代の女性500人を対象に「シミに関する意識と実態調査」を行った。その結果、女性の肌の悩み第1位はシミ、気になる部分はCゾーンが大半だが、Cゾーンのシミケア率は低く、Cゾーンという言葉自体の認知度も低いことが分かった。

悩み第1位は「シミ」、悩む箇所は「頬骨」「目じり」「目の下」のCゾーン
7歳老けて見えるCゾーンのシミ、できる前からのケアが重要
顔まわりの肌で気になることを聞くと「シミ」と答えた女性が64.0%と最も多かった。さらに気になる部位を問う質問に対する答えは、「頬」(64.7%)、 「頬骨」(44.1%)、「目の下」(39.1%)、「目じり」(26.6%)、「口元」(20.3%)の順となった。

眉の下から目じり、頬骨、目の下は「Cゾーン」と呼ばれており、顔の中でもシミができやすい部位だ。しかし「Cゾーン」を知っている人はわずか14%とほとんど認知されておらず、「Cゾーン」にシミのケアをしている人は38%だった。

Cゾーンにシミがあると7歳も老けて見える!
7歳老けて見えるCゾーンのシミ、できる前からのケアが重要
すべての女性に対し、シミがない写真とCゾーンにシミがある写真を提示し、見た目年齢を質問する調査も行った。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.