ビューティ情報『野宮真貴『赤い口紅があればいい』文庫版 美人に見えるテクニック』

2019年2月12日 10:45

野宮真貴『赤い口紅があればいい』文庫版 美人に見えるテクニック

野宮真貴『赤い口紅があればいい』文庫版 美人に見えるテクニック
待望のベストセラーの文庫化2月7日、歌手でミュージシャン、フィトテラピスト(植物療法士)、元ピチカート・ファイヴの野宮真貴氏によるエッセイの文庫本『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』が発売された。

幻冬舎は2016年9月に同名の単行本を刊行しており、ファッションのカテゴリーでAmazonベストセラー1位を獲得。今回発売されたのはその文庫版となる。文庫化された同書は500円(税別)の価格で発売中である。

全ての女性は「美人」か「美人予備軍」である1981年、大手化粧品会社のCM曲「女ともだち」でデビューした野宮真貴氏は、1990年にピチカート・ファイヴに3代目ボーカルとして加入。「東京は夜の七時」をヒットさせるなど、日本だけでなく、海外においても1990年代の音楽シーン「渋谷系」ムーブメントを巻き起こしている。

また、野宮氏はファッションや美容、健康の分野のプロデュース、ナレーター、エッセイストなどとしても活躍。『おしゃれはほどほどでいい 「最高の私」は「最少の努力」で作る』などの著作もある。

『赤い口紅があればいい』では、全ての女性を「美人」か「美人予備軍」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.