ビューティ情報『約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識!年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?』

2019年11月14日 13:30

約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識!年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?

約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識!年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?
キッチン専業メーカーのクリナップ株式会社は、これから本格化する大掃除シーズンにあわせて、20~60代の既婚女性500名を対象とした、「年末の家仕事」に関する調査を実施。調査結果からは、年末のおせちづくりや大掃除などにおいても、ビジネスシーン同様に「働き方改革」が進んでいることが判明した。

忙しいからこそ効率を重視! 年末の家庭にも「働き方改革」の波到来
約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識!年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?
「今年の年末に予定していること」について質問したところ、7割以上の人が「大掃除」を予定しており、年末の多忙な時期でもしっかり掃除をしておきたいと考えている人が多いことがわかった。
ただし、その一方で「年末にやることを減らすために工夫していることがありますか?」と聞いた質問では、実に半数以上(52%)が「ある」と回答。具体的には、「おせちは手作りをやめて購入している」(65歳)、「年賀状は廃止して、必要な人にはSNSで挨拶をする」(54歳)などの声がみられた。
昨今、ビジネスシーンにおいて「働き方改革」が推進されているが、年末の家庭においても時短・省力化は着実に進んでいるようだ。
約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識!年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?
さらに、7割超が予定をしている「大掃除」に関しても、57%と6割近くが「時短や省力化を意識している」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.