ビューティ情報『江戸時代から続くこんにゃくスポンジで美肌を実現』

2020年3月31日 12:15

江戸時代から続くこんにゃくスポンジで美肌を実現

江戸時代から続くこんにゃくスポンジで美肌を実現
アトピーや敏感肌でも安心して使える天然素材バスリエから3月26日、100%天然のこんにゃくでできた「つやの玉こんにゃくスポンジ」と「こんにゃくタオル」が発売された。アトピーや敏感肌でも安心して使えるのが特徴だ。

「つやの玉こんにゃくスポンジ」は洗顔用のスポンジで、手のひらにすっぽりと収まる繭玉のような形状のスポンジである。「こんにゃくタオル」はボディ用で、薄いタオルの形状をしている。こんにゃくのようなプルプルした肌さわりで優しく洗いあげてくれる。

130年前と変わらぬ製法で作られた美肌スポンジこんにゃくは天然のスポンジとして、江戸時代から使われてきた。純国産のこんにゃく粉を使用し、130年前の江戸時代と変わらぬ製法で丁寧に作られている。

こんにゃくは水を多く含むので、スポンジと肌の間に水の膜ができる。この水の膜で洗うのが特徴だ。「水やお湯だけで汚れが落ちるの?」と心もとなく思われるかもしれないが、一度使うとスッキリとした洗い上がりが実感できるはずだ。

洗顔料や石けんを使わずに、お湯だけ洗うので、洗顔料の成分などによる肌荒れ、敏感肌やアトピーの症状の改善が期待できる。天然素材なので、赤ちゃんにも使用できるほど肌に優しい。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.