ビューティ情報『原因は「ピント調節筋」の使い過ぎ!?急増する「スマホ老眼」の対策とは』

2016年6月29日 17:30

原因は「ピント調節筋」の使い過ぎ!?急増する「スマホ老眼」の対策とは

原因は「ピント調節筋」の使い過ぎ!?急増する「スマホ老眼」の対策とは
参天製薬株式会社は、「スマホ老眼」を自覚する10~50代のスマートフォンユーザー男女500名を対象とした意識・実態調査を実施。
「スマホ老眼」に悩まされるユーザーたちの現状が明らかとなった。

若いのに老眼!?「スマホ老眼」とは「スマホ老眼」とは、スマートフォンを長時間利用する生活を続けることで、目のピントが合いにくくなる症状のこと。若い年代であっても、老眼のような症状があらわれることが特徴だ。
さらに、頭痛や肩こりなどの症状を引き起こすこともあり、目以外の場所への健康被害も問題となっている。

約8割が週に1回以上「スマホ老眼」の症状を自覚今回の調査対象は、事前アンケートで「スマホ老眼」の自覚があると回答した、10~50代のスマートフォンユーザー500名。
「スマホ老眼」を自覚する頻度を聞いたところ、「週に5回以上」が27%、「週に3~4回くらい」が21%、「週に1~2回くらい」が30%という結果に。合計すると、「週に1回以上、症状を自覚している人」が8割近くにのぼることが分かった。
原因は「ピント調節筋」の使い過ぎ!?急増する「スマホ老眼」の対策とは
また「スマートフォンの利用時間」を聞いたところ、平均は平日「3.4時間」、休日「4.0時間」という結果に。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.