ビューティ情報『カラオケとYUBAメソッドを用いた認知症治療に関する研究成果を発表』

2015年12月15日 10:00

カラオケとYUBAメソッドを用いた認知症治療に関する研究成果を発表

株式会社エクシング、ブラザー工業株式会社、三重大学による共同研究業務用カラオケ事業などを展開する株式会社エクシング(以下、エクシング)は、三重大学教授の弓場徹氏による新発声法「YUBAメソッド」と、カラオケを用いた治療法が認知症症状の安定化に繫がる傾向が見られることを発表した。

カラオケとYUBAメソッドを用いた認知症治療に関する研究成果を発表
「YUBAメソッド」は「発声機能解剖生理学」の研究を基に生まれた新発声法で、発声能力を短期間で効率的に高めることができるというものだ。

「カラオケとYUBAメソッドを用いた医療への応用研究」はエクシングとその親会社であるブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)、および国立大学法人三重大学(医学部、教育学部)による共同研究で、2011年2月に開始されている。

今回、成果が発表された研究では、軽度から中等度の認知症患者に対し、半年間の歌唱療法を実施したところ、BPSD(行動心理症状)が改善し睡眠時間が長くとれるようになった、実施前と比較して意欲や情動、実行機能に好ましい変化が生じたなどの報告が多数得られたとのことだ。なお、この研究成果は2015年9月に海外の医学系学会雑誌「Dementia and Geriatric Cognitive Disorders-Extra 」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.