ビューティ情報『アトピーとアレルギーの違いについて』

2017年11月6日 10:42

アトピーとアレルギーの違いについて

アトピーの原因はさまざまあり、

  • 生まれつきの体質や環境
  • 食べ物
  • 不規則な生活習慣
などが関係していると考えられています。治療法が確立されていないためによくなったかに見えても、再び症状が悪化することがあり、症状のくりかえしが特徴として見られ、悩まされている人が多い病気です。

アトピー性皮膚炎の症状

額や目や口の周り、体幹などにかゆみのある湿疹がよく見られます。乳児の場合は、最初に湿疹が頭部に現れて、だんだんと下の方へ移っていき、四肢関節に湿疹が出てくるようになります。幼少期では、頸部、関節に多く湿疹が出てくるといわれます。成人の場合は、上半身に頻発することが多くなります。

アトピー性皮膚炎の原因と対処法

アトピー性皮膚炎の原因には、食べ物よりもハウスダストやダニ、カビなどが原因となることが多いと考えられています。ダニが棲みつきやすいといわれるじゅうたんやカーペットを減らすことが有効です。また、ダニは湿度が55%以上になると繁殖しやすくなるため、

  • 湿度を下げる
  • ダニのエサとなる食べこぼしの始末
  • 定期的に部屋の掃除
  • こまめに布団を乾燥させる
  • 部屋の空気を入れ替える
をするようにしましょう。

アトピー性皮膚炎のケアは保湿が大切

アトピー性皮膚炎の治療の目標は、症状を上手くコントロールしていくということが大切です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.