ビューティ情報『 増加し続ける乳がん、進化した医療用ウィッグを味方に!大ヒットの帽子ウィッグ、販売数2万個を突破』

2021年10月15日 13:30

 増加し続ける乳がん、進化した医療用ウィッグを味方に!大ヒットの帽子ウィッグ、販売数2万個を突破

総合ウィッグメーカーの株式会社プリシラ(本社:兵庫県神戸市、代表:富澤 武志)では、医療用ウィッグの売り上げが伸び、販売数が2万個を突破したことをお知らせします。また、この度、下取り割引サービスを実施します。

 増加し続ける乳がん、進化した医療用ウィッグを味方に!大ヒットの帽子ウィッグ、販売数2万個を突破

【リラックス】 ショート BO-01 レディース

【増加し続ける乳がん、特に辛いのは脱毛】
10月はピンクリボン運動月間です。ピンクリボン運動とは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の重要性を呼びかける啓発を行う運動で10月は強化月間となっています。乳がんの死亡者数は1975年から2019年までの統計によると約6倍も増加しており、近年だけでみても依然として増加傾向にあります。(厚生労働省、2020年人口動態統計月報年計より)

特に最近では、コロナ禍で乳がん検診を先延ばしした人がようやく最近検診を受け罹患していた、急激に進行していたというケースも増えています。さらには最近では若い女性も罹患することが注目されているなど改めて自分の健康について考える月間とも言えます。乳がんの治療の過程で起こる脱毛は精神的な苦痛や不安が伴います。「髪は女の命」であるため女性にとっては非常につらい問題ですが現代の医療用ウィッグは進化し続け心の支えとなっています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.