ビューティ情報『ディテールできない医師の売上ダメージを奪還可能に ~『Forecast-A1』の指標により。事例報告も~』

2021年10月18日 15:30

ディテールできない医師の売上ダメージを奪還可能に ~『Forecast-A1』の指標により。事例報告も~

エイザス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:西 章彦、以下 エイザス)が提供する『Forecast-A1』により、コロナ禍でディテールができなくなった医師による売上ダメージを、未だ訪問可能な医師に優先度をつけてディテールする事で取り戻せる事が、事例により判明しました。訪問機会が減少している現在、その機会を効率的に製品の売上につなげられる事は、製薬企業の活動に大きな意味を持つと思われます。

コロナ禍によりディテールができなくなった医師が出現し、売上へのダメージが懸念されています。その様な中、エイザスが提供する『Forecast-A1』を利用して、ディテールができなくなった医師による売上損失を、未だディテールが可能な医師に優先度をつけ、損失を取り返せる事が判明しましたので、その事例を報告します。

まず、『Forecast-A1』により、ディテールができなくなった医師による売上ダメージを指数化します。ディテールができなくなった医師全員に売上ダメージがあるのではなく、元々ディテールに反応をして処方していた医師(以下 ディテール反応医師)のみが真の売上ダメージです。その真の売上ダメージを指数化して算出します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.