ビューティ情報『紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格について「高い」または「とても高い」と回答』

2021年12月8日 16:15

紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格について「高い」または「とても高い」と回答

Qingdao Himasu Technology Co., Ltd.は、日本国内の20歳以上の喫煙者男女500名に対し「たばこの販売価格に関する意識調査」を実施しましたので、お知らせ致します。

<調査方法>
インターネット調査

<調査対象>
日本全国の20歳以上の喫煙者500名

<調査結果概要>
● 調査対象者の58.4%が紙巻きたばこを利用。
● 紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格が「高い」または「とても高い」と回答。

紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格について「高い」または「とても高い」と回答

たばこの販売価格に関する意識調査

【紙巻きたばこの販売価格は税制改正により上昇、1箱600円に達するものも】
2018年度の税制改正で、紙巻きたばこは2018・2020・2021年の3段階で1本1円ずつ引き上げられることが決定していました。例として2021年、値上げ前の価格が560円だったセブンスターは40円の値上げを行い、新定価は600円の大台に乗りました。

今回の増税・値上げを受けて約1ヶ月、喫煙者の実感を調査した結果、紙たばこ喫煙者の89.4%がたばこの価格に負担を感じていることがわかりました。

負担感に拍車をかけているのは増税が決まった2018年には発生していなかった、コロナウイルスの蔓延も関係していると考えられます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.