ビューティ情報『口腔状態の悪さと風邪の引きやすさは関連している!20~69歳男女4,491名を対象とした調査研究で明らかに』

2021年12月10日 12:00

口腔状態の悪さと風邪の引きやすさは関連している!20~69歳男女4,491名を対象とした調査研究で明らかに

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、20~69歳の男女4,491名のデータをもとに、口腔状態と主観的な風邪の引きやすさの関係を統計的に分析した結果、口腔状態の悪さ(歯周病罹患や顎関節の不具合)と風邪の引きやすさの間に関係があることが示され、口腔状態の悪化が風邪の罹患率を高める可能性が示唆されました。本研究の内容は、2021年12月21日(火)~23日(木)に開催される第80回日本公衆衛生学会総会(開催地:東京、オンライン配信)にて発表予定です。

■研究の背景
新型コロナウイルス感染症の流行により、感染症にかかりにくくするための防御機能である、身体の免疫力に対する関心が高まっています。睡眠の質の低下や食事における栄養バランスの偏り、ストレスの高さは、身体の免疫力を低下させ、風邪などの感染症を引き起こしやすくすることが知られています。一方、口腔状態は、糖尿病などの全身健康と深く関係していることも知られており、感染症に対しても、口腔粘膜は感染ルートの一つであることが示唆されています 1)。また、歯科衛生士による専門的な口腔ケアを行うことで高齢者のインフルエンザの罹患率が減少したという報告もあります 2)。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.