ビューティ情報『現代人の“まばたき”は浅くて半開きになりがち!?ドライアイの原因となる“まばたき不全”に注意!眼科医が解説・まばたき不全と涙の蒸発を防ぐ“瞳の保湿ベール”とは』

2022年1月21日 14:00

現代人の“まばたき”は浅くて半開きになりがち!?ドライアイの原因となる“まばたき不全”に注意!眼科医が解説・まばたき不全と涙の蒸発を防ぐ“瞳の保湿ベール”とは

テレワークやオンライン授業の定着で、PCやスマホを見る時間が増えている昨今、ドライアイや角膜(黒目部分)に傷がついてしまうリスクが高まっています。涙には大切な瞳を守る役目がありますが、実は“不完全なまばたき”によって、涙が蒸発しやすくなってしまうのです。まばたきが不完全だと、涙の蒸発を防いでいる“瞳の保湿ベール(油層)”が形成されづらくなり、油層が乱れてしまうことで、涙が蒸発しやすい「涙液蒸発亢進(こうしん)型ドライアイ」になってしまう恐れがあります。普段意識しない“まばたき”とそのケア方法を眼科医 有田 玲子先生より解説します。

■1日に約1万5千回!“瞳の保湿ベール”をつくるまばたきの重要性
普段は意識をしていないまばたき。1日に約1万5千回※もしているといわれていますが、その重要性をご存じでしょうか。
瞳は涙によって守られています。その涙がまばたきによって、瞳全体へ行き渡ることで、保護され、栄養を届けています。その瞳を守る涙は、3層構造になっており、蒸発を防ぐ役割の「保湿ベール(油層)」があります。しっかりと上瞼と下瞼がくっつく、完全なまばたきをすることで、油分と水分が分泌され、保湿ベールを作っているのです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.