ビューティ情報『業界初・エッグ筋膜術が特徴の卵殻膜フェイシャルエステ「ライゼ スキンアップ表参道」5月27日オープン』

2022年4月28日 12:45

業界初・エッグ筋膜術が特徴の卵殻膜フェイシャルエステ「ライゼ スキンアップ表参道」5月27日オープン

ZERO株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役:小熊 宗幸)は、メスを使わないのに、施術後パッと張ったようなリフト小顔と角質形状までアプローチできるプロ技にこだわった、アフターケアが本格すぎる顔専門卵殻膜エステ「ライゼ スキンアップ メンバーズサロン」を2022年5月27日(金)、表参道にオープンします。

「ライゼ スキンアップ メンバーズサロン」詳細URL:https://reise-skin.com/salon/

業界初・エッグ筋膜術が特徴の卵殻膜フェイシャルエステ「ライゼ スキンアップ表参道」5月27日オープン

話題の卵殻膜エイジング成分

■店舗の特徴
*卵殻膜パワーをもっとも実感しやすい形で堪能
卵殻膜は卵の内側にある僅か0.07mmの薄い膜。自然界における唯、20種類以上のアミノ酸・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン等を含有している、化粧品に配合する場合の浸透率の限界が難問でした。複合波形波の力で卵殻膜を肌の細胞膜まで深く着地させ、「肌になる」実感を堪能できる新・美容提案します。

*漢方筋膜リバースと韓国式コルギの幻コンビ
肌の負荷を超えるため通常W施術が不可能と言われてきた筋膜とコルギですが、ライゼオリジナル手技で、解された表情筋の束をさらに引き締めのメリハリを覚えさせることで、筋肉を包んでいる膜が記憶形状され、施術後のリフト効果がさらに長持ちします。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.