ビューティ情報『<ネオファーマ社・東京大学の共同研究> 5-ALA最新研究 COVID-19後遺症低減効果を確認 細胞内のミトコンドリアを活性化する働きに期待』

2022年5月24日 11:00

<ネオファーマ社・東京大学の共同研究> 5-ALA最新研究 COVID-19後遺症低減効果を確認 細胞内のミトコンドリアを活性化する働きに期待

5-ALAの研究・開発・販売をグローバルに展開するネオファーマジャパン株式会社は、東京大学との共同研究において、5-ALAによるCOVID-19後遺症低減効果を確認したとする最新研究を発表しました。

まだまだ猛威をふるうCOVID-19ですが、感染後の後遺症に悩まれている方も多いようです。国立国際医療研究センターの調査*によると、コロナウイルスに感染後、半年においても4人に1人の割合で何らかの症状が残り、なかでも男性より女性の方が症状が現れやすく、女性の場合、倦怠感が男性の2倍、脱毛は約3倍も症状がでやすいという結果も報告されています。

そのような中、かねてから疲労低減効果が認められている5-ALAを用いて、COVID-19後遺症への有効性を確かめる試験を、2021年に東京大学大学院の今村 恭子教授と共同で実施しました。その結果、後遺症症状の一つである疲労感の改善傾向が確認されました。今村教授は、『この結果は5-ALAが有する“細胞内のミトコンドリアを活性化する働き”によってもたらされたものだと考えられる』と解説しています。

5-ALAは、私たちの細胞内のミトコンドリアで生産され、エネルギー生産の効率を高めて代謝アップに働く成分です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.