子育て情報『夏の熱中症対策に買ってよかった!モバイルバッテリー内蔵ハンディファン』

2019年8月4日 08:35

夏の熱中症対策に買ってよかった!モバイルバッテリー内蔵ハンディファン

目次

・モバイルバッテリー内蔵でスマホの充電もOK
・扇風機としても充電器としても役立つ
・ベビーカー取り付け時に注意したこと
・著者:西田まい
携帯扇風機横


蒸し暑い日本の夏。赤ちゃんは体温調節機能が未発達なので、熱中症や脱水症状などが心配されます。しかしながら外がいくら暑くても、ずっと家にいるというのも現実的ではありません。お兄ちゃんやお姉ちゃんがいるご家庭は、なおさら外出の機会が増えます。しかし、お散歩時のベビーカーは熱がこもりやすいという難点が……。

今回は熱中症対策に役立った、ベビーカーにも取り付けられるハンディファンを紹介したいと思います。

モバイルバッテリー内蔵でスマホの充電もOK

携帯扇風機


私が購入したのは、Amazonで販売されているモバイルバッテリー内蔵の「JOMARTO USB扇風機」です。風量は五段階調節でき、手持ち・卓上・クリップ扇風機・モバイルバッテリーと4タイプの機能を備えています。ベビーカーにつけるときにはクリップで留め、ネックストラップをとりつけて首からかけたりといろいろな使い方ができます。

ネット、実店舗といろいろ巡りましたが、5,200mAhの大容量バッテリーがあるのはAmazonだけでした。お値段も2,200mAhの他社製品と比べるとほぼ倍容量を搭載しているのに、2,580円とお手ごろ。また、扇風機としての役割以外にスマホの充電もできるので、お出かけ時にこれ一台でまかなえて大変便利でした。

扇風機としても充電器としても役立つ

五段階調節の風量は中程度でも十分パワフルです。ベビーカーにつけて日よけカバーを下げれば、風が循環して赤ちゃんはぐっすり眠っていました。 音も屋内の静かな場所以外ではほとんど気になりません。また、大容量バッテリーなので“強”でも8時間、“弱”だと最大20時間稼働できるようです。モバイルバッテリーとしては、2回以上充電できる計算となっています。

携帯扇風機とベビーカー


実際、蒸し暑かった日のディズニーランドで風量を中か大でベビーカーに設置したり、手持ちで使ったりと朝昼充電のことを気にせず使用し、その後涼しくなった夕方からモバイルバッテリーとしてスマホを充電。扇風機としてさんざん使用したあとでも、スマホ電池残量30%からフル充電することができました。

ベビーカー取り付け時に注意したこと

携帯扇風機横2


はじめはベビーカーの日よけカバーに挟んでいましたが、うまく挟めずに落ちそうになることも。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.