子育て情報『保育士が教える!保育園の見学に行くときのポイント』

2019年9月26日 20:05

保育士が教える!保育園の見学に行くときのポイント

目次

・まず保育園申請の締め切りを知る
・いくつかの保育園を見学する
・見学時にチェックするポイント
・質問はあらかじめ用意していこう
保育士が教える!保育園の見学に行くときのポイント


こんにちは、保育士の中田馨です。来年の4月に保育園入園を考えている方は、きっと保育園選びに頭を悩ませているころではないかと思います。また、妊娠中の方でも産後働く予定の人は気になっていると思います。

私の保育園にも「4月から何枠空いていますか?」「見学に行ってもいいですか?」などの問い合わせがあります。保育園選びは、必ず自分の目で見て確かめることが大切です。「あそこの保育園、良いらしいよ」というママ友の口コミももちろん大切ですが、実際に自分の条件と合っているかどうかはまた別です。今回は、保育士の立場からみる、保育園に見学に行くときのポイントを話します。

まず保育園申請の締め切りを知る

保育園申請の締め切りがいつなのかをまずは調べましょう。これはお住まいの自治体によって違いますので、自治体のHPを見たり、直接問い合わせたりしましょう。

そのときに、申請時に必要な書類は何があるかを聞いておきます。時々、保育園見学の時に「申し込みに何が必要ですか?」と聞かれる方がいますが、保育園申請の問い合わせは必ず役所の担当課にしましょう。

いくつかの保育園を見学する

地域の保育園を調べたら、HPを見たり、実際に通っている方のお話などを聞いたりしつつ、気になる保育園の見学に行ってみましょう。いくつか見て、実際に通うことを想定し、自分にとっての利点と欠点を考えます。あまり見学しすぎても、どこがいいか分からなくなってしまうこともあるので、ある程度しぼってから見学に行きましょう。

しぼるときのポイントは「毎日通う保育園」という目線を忘れずに考えること。家からの距離、職場までの距離、保育時間の条件、保育理念など、見学前に分かる情報も大切です。

見学時にチェックするポイント

では、実際に保育園の見学に行くときにチェックするポイントを紹介します。突然行って「見学させてください」と言われても、保育園も受け入れてはくれませんので、事前に電話連絡をして、見学する日時を決めましょう。

【チェックしておきたい7つのポイント】
・家から保育園までの登園にかかる実際の時間
・保育園の施設設備、広さ
・園庭の遊具設備、広さ
・園長先生の考え方や話し方
・保育士の保育の様子
・保育園にいる子どもたちの遊ぶ様子
・保育士と保護者のやり取り

入園したら自転車で通うつもりでも、雨を想定して歩いて行ってみてもいいですね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.