子育て情報『年末に向けてラクにお片付け!増える「子どものもの」を片付ける方法【ラクに楽しく♪特集】』

2019年12月5日 20:05

年末に向けてラクにお片付け!増える「子どものもの」を片付ける方法【ラクに楽しく♪特集】

目次

・子どもの衣類の片付け方法
・子どものおもちゃの片付け方法
・幼稚園・保育園の作品はどうする?
・子どものものを増やさないコツ
年末に向けてラクにお片付け!増える「子どものもの」を片付ける方法【ラクに楽しく♪特集】


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

こんにちは、保育士の中田馨です。今年も残りわずかになりましたね。年末が近付くと気になることが「大掃除」ではないでしょうか。この時期は特に、どんどん増える子どものものをどうすればいいかを悩んでしまうところです。

今回は、年末に向けて子どものものを片付けるコツを話します。

子どもの衣類の片付け方法

子どものものと一言で言ってもさまざまあります。まずは衣類を見てみましょう。

衣類は処分しにくいもののひとつでもあります。「初めて着た服」「初めて履いた靴下」「おばあちゃんにもらった帽子」などなど、思い出がつまっているのが子どもの衣類。また、もしかすると次に生まれてくる子に使えるかも、などと考えることもあります。

そんな思いがつまった衣類を処分するタイミングは下記の3つです。
・サイズアウトした
・ひどい汚れがついた
・着ることがほとんどない

衣替えをする際、来年は着れるかを考えてみます。もし難しい場合は処分を考えましょう。処分は捨てるだけではなく、まだ着れる場合は友人に譲ったり、リサイクルしたりするという方法もあります。また、思い入れがある衣服は大切に収納しておきましょう。

子どものおもちゃの片付け方法

子どもに「このおもちゃいらない?」と聞けば、きっとほとんどが「ダメ!」という返事が返ってきます。長いこと使っていないからと、子どもに内緒で処分したおもちゃを「アレはどこ?」と突然思い出すこともあります。

こっそり処分してしまうと、子どもが傷付いてしまう場合もあるので、子どもとじっくり相談しながら処分するようにします。

子どもとおもちゃの処分を相談するときのポイントは4つです。
・最近使っていない(半年以上)
・対象年齢を過ぎた
・壊れている

・付録などでもらった(それほど思い入れがない)など

「もしかするとまた遊ぶかも」と悩んだおもちゃは、別の場所に片付けておき、子どもが「遊びたい」と言わなければ後日処分します。 

幼稚園・保育園の作品はどうする?

幼稚園や保育園で作った作品は、思い入れがあって、これまた処分しにくいものです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.