子育て情報『朝までぐっすり寝てくれる!わが家で実践している寝かしつけ方法【体験談】』

2021年7月1日 13:30

朝までぐっすり寝てくれる!わが家で実践している寝かしつけ方法【体験談】

目次

・夜寝るときは部屋を暗くする
・多少泣いてもそのまま
・自分の部屋をつくる
・遮光カーテンをやめた
・著者:森まり子
眠る赤ちゃんのイメージ


現在生後7カ月の息子は、寝かしつけも夜泣きもほぼゼロで、毎日朝までぐっすり寝てくれます。夫婦2人で、出産後に退院して自宅に戻ったときから気を付けたこと、生後5カ月で引っ越したときに気を付けたことを紹介します。

夜寝るときは部屋を暗くする

息子がまだ昼夜の区別がつかない新生児期から、夜寝るときは極力部屋を暗くしました。当時ベビーベッドはリビングに置いていましたが、私たち夫婦は隣のダイニングで過ごし、その明かりが漏れないようにベビーベッドの位置は明かりから死角になる場所をセレクト。

また、私たち夫婦はテレビを見る習慣がなかったので、テレビの光や音がないぶん、息子がぐっすりと寝るための静かな環境が保てていました。

多少泣いてもそのまま

息子は生後2カ月過ぎから、自然と朝まで寝てくれる日が出てきました。私は、授乳はしなくても大丈夫だと思い、夜中に多少息子が泣いてもしばらくはそのまま放置。

気が付いてから10分以上泣き続けたり、泣き声がいつもより大きいなと感じたりしたときは様子を見に行って対応しましたが、「泣いてもパパもママも夜は来ないんだよ」ということを息子に覚えさせました。

自分の部屋をつくる

息子が生後5カ月のとき、引っ越しをしました。引っ越しが決まったときは息子がもう少し大きくなってから自室を与える予定でしたが、引っ越しのタイミングで息子の部屋をつくることにしました。昼間はリビングで過ごし、夜は息子の部屋に連れていきます。息子の部屋をつくることにより、「夜ここに来たらもう寝るんだ」という意識づけをしました。そして、息子の部屋と夫婦が寝る寝室との間の扉はすべて開け、大きい音や泣き声が聞こえたら気づけるようにしています。

部屋に行ってメリーをまわすと、息子は少しひとりでメリーを眺めたり手で触って遊び、いつの間にか眠っています。そのため、抱っこして寝かしつけということもしません。

遮光カーテンをやめた

引っ越す前、息子が寝ていたリビングは遮光カーテンを使っていたため、カーテンが閉まっていると暗い状態でしたが、引っ越し後はあえて遮光カーテンをやめました。 

南東向きの息子の部屋は自然に朝日の光が部屋に入ってくるので、息子もそれで目が覚めるようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.