子育て情報『のどに刺さった魚の骨!3歳息子が「痛い」と泣き出し、急いで診療所へ』

2021年7月24日 15:30

のどに刺さった魚の骨!3歳息子が「痛い」と泣き出し、急いで診療所へ

目次

・夜間診療所へ駆け込む
・目視では見えず、衝撃の処置
・カメラに涙が止まらない長男
・著者:土田えり子
魚の骨


長男が3歳のとき、夕飯にホッケの塩焼きを出しました。それまで骨のある魚は食べさせないようにしていたのですが、私はホッケなら骨が大きいから取り除きやすいと考え、初めて食べさせました。ちゃんと骨を取って与えたつもりだったのですが、ホッケを食べた直後に「のどが痛い」と泣き出した長男。駆け込んだ病院で、長男につらい体験をさせてしまうことに……。

夜間診療所へ駆け込む

長男が「のどが痛い」と言い出したのは、ホッケを食べたすぐあとだったので、私は骨が刺さったのだとすぐにわかりました。当時の時刻は、午後6時半を過ぎたころでした。

すぐに病院に行こうと思いましたが、地元の耳鼻科や小児科はもう終わっている時間だったため、電車で30分ほどの場所にある夜間診療所の耳鼻科へ。電車の中でも、問診表を書いている間も長男は「痛い」と言いながら、涙目になっていました。

目視では見えず、衝撃の処置

いざ診察室へ入ると、まずは先生がのどを目視。「骨のようなものが見えるけど、ちょっと見にくい」とのことでした。続いて先生が「鼻からカメラ入れますね~」と言って準備したのは、先端にカメラが付いたコードだったのです!

私は口からピンセットのようなものを入れて取るのだろうと想像していたので、少し驚きました。本来なら母親が子どもを抱いた状態で座り、処置を受けるそうですが、私は妊娠9カ月だったため抱くことができず、看護師さんが代わりに抱っこしてくれました。

カメラに涙が止まらない長男

長男は恐怖でいっぱいの表情で、ずっと私を見ていました。カメラが鼻の中に入ると、長男は声も出せず、目から涙が溢れていました。私がホッケの骨を取り損ねたせいで、長男にここまでつらい思いをさせていまい、とても申し訳なく思いました。

結局、カメラには骨が映らなかったとのことで、撮影を中断すると「もう痛くなくなった」と言い始めた長男。念のため、もう一度カメラを入れて確認してもらいましたが、骨は見えませんでした。先生は「一度目にカメラを入れたときに取れたのではないか」とおっしゃり、長男もいつも通りの元気な様子に戻りました。 

魚の骨には気を付けなければいけないとわかっていましたが、結局、私のミスで長男につらい体験をさせてしまいました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.