子育て情報『名づけに「梅雨」が影響?毎年6月に急増する名前とは?【赤ちゃんの名付け】』

2021年7月15日 13:30

名づけに「梅雨」が影響?毎年6月に急増する名前とは?【赤ちゃんの名付け】

目次

・1位紬(主なよみ:つむぎ)
・2位葵(主なよみ:あおい)
・3位芽依(主なよみ:めい)
・4位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)
・4位陽菜(主なよみ:はるな、ひな)
・6位結月(主なよみ:ゆづき、ゆつき)
・7位凛(主なよみ:りん)
・7位澪(主なよみ:みお)
・9位琴葉(主なよみ:ことは)
・9位雫(主なよみ:しずく)
・9位莉緒(主なよみ:りお)
2021年6月生まれの女の子の名前ランキング/ベビーカレンダー


ベビーカレンダーは、毎月赤ちゃんの名づけトレンドを調査、発表しています。2021年6月生まれの女の子4,881名を対象に、赤ちゃんの名づけトレンドを調査しました。6月生まれの女の子に人気の名前TOP10をランキングでご紹介いたします。梅雨の季節に毎年増加する名前が明らかに!

1位紬(主なよみ:つむぎ)

2019年名前ランキングでは4位、2020年は2位にランクインした「紬(主なよみ:つむぎ)」。5月の3位からランクアップして、6月は1位を獲得しました。古風で日本的な「レトロネーム」の一つで、2020年漢字ランキング42位にランクインしています。

「紬」は紬糸で織られた美しく丈夫な絹織物を意味し、江戸時代には普段着として愛用されていたほど。「紬のように丈夫な縁や絆に恵まれますように」という願いが込められているようですね。

2位葵(主なよみ:あおい)

2019年名前ランキング3位、2020年は7位にランクインした「葵(主なよみ:
あおい)」。「葵」は5月19位から、6月は2位へ大きくランクアップしました。2020年漢字ランキングでは14位にランクインしている人気の漢字です。

「葵」はアオイ科の多年草を意味し、太陽に向かって咲くことから、「葵の花のようにすくすくと明るく育ちますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。

また、6月は「葵月」という別名もあることから、6月生まれのお子さんの名前で多く名づけられたと考えられます。

名づけに「梅雨」が影響?毎年6月に急増する名前とは?【赤ちゃんの名付け】


▲タチアオイ(立葵)

3位芽依(主なよみ:めい)

2019年名前ランキング8位から、2020年は4位へとランクアップした「芽依(主なよみ:めい)」。5月は英語で「MAY(メイ)」。そのため、5月生まれに「めい」とよむ名前が増加する傾向にあり、5月は1位を獲得。6月も引き続き人気が集まりました。

草木が芽吹く様子を表す「芽」に、頼りにするという意味がある「依」を組み合わせた名前です。緑がすくすくと育つこの時季らしい名前で、エネルギッシュでありつつもやさしさを感じるようですね。

4位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)

2019年・2020年と2年連続名前ランキング1位の「陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)」。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.